• TOP
  • 芸能
  • ジャニーズへの公取委注意報道、「黒幕いるのでは」の声も

芸能

2019.07.25 07:00  女性セブン

ジャニーズへの公取委注意報道、「黒幕いるのでは」の声も

圧力疑惑にジャニーズ事務所は完全否定(写真/共同通信社)

 ジャニー喜多川社長(享年87)の死という大きな悲しみが癒えぬなか、ジャニーズ事務所はさらなる激震に見舞われた。7月17日20時59分、天気予報を放送していたNHKが緊急速報を告げた。

《元SMAP3人のTV出演に圧力の疑い ジャニーズ事務所を注意 公正取引委》

 こうテロップが流れた。

「稲垣吾郎さん(45才)、草なぎ剛さん(45才)、香取慎吾さん(42才)の3人を出演させないよう、民放テレビ局に圧力をかけたことが独占禁止法違反(不正な取引方法)につながる恐れがあるとして、公正取引委員会がジャニーズ事務所を注意したとの内容でした。その後、NHKは『民放テレビ局関係者が、ジャニーズ事務所に圧力をかけられたと公取委に証言した』とも報じました」(テレビ局関係者)

 2017年9月にジャニーズ事務所を退所して「新しい地図」を立ち上げてから、元SMAPの3人がレギュラー出演する民放番組は放送終了となり、新番組が立ち上がることもなかった背後に、ジャニーズ事務所の「圧力」があったのではないかというのである。公取委の調査は昨年から水面下で進んでいた。

「テレビ局関係者からタレコミがあり、昨年末に公取委が関係各所に調査に入ったようです。実際に公取委から聞き取りされたテレビ局の制作や編成の関係者は、『具体的に事務所からどのような言動があったか?』『圧力の証拠となる録音はないか?』など何度も聞かれたそうです。また公取委は、香取さんたちの番組が終了した理由についても執拗に尋ねたとのこと。元SMAPの3人に対しても、今年春頃に直接聞き取り調査を行ったそう」(民放関係者)

 NHKの速報を受けてジャニーズ事務所は完全否定。公式サイトで次のようなコメントを発表した。

《弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものではありません。とはいえ、このような当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います》

 一連の報道に関係各所からは驚きの声が上がった。

関連記事

トピックス