• TOP
  • 国際情報
  • 「日本を追い越した」ほか韓国の虚偽主張【経済・産業編】

国際情報

2019.07.30 16:00  週刊ポスト

「日本を追い越した」ほか韓国の虚偽主張【経済・産業編】

日韓関係は最悪の状態だが…(写真/EPA=時事)

 フッ化水素等の輸出管理問題など、一連の問題を受け、戦後最悪と言われる日韓関係だが、原因を紐解いていくと、韓国側が現実と乖離した極端な主張を繰り返していることが挙げられる。ここでは、経済・産業分野で韓国が繰り広げている主張と、それに対して日本人が唱えるべき正論を整理して紹介する。

■韓国の主張
「我が国の経済成長は拡大を続けて、成功に向かっている」と文在寅大統領が演説で主張(2019年5月)。
□日本人が唱えるべき正論
 2019年1~3月の韓国の経済成長率は前年比マイナス0.3%。

■韓国の主張
「韓国経済の財閥依存体質を打破する」(2017年5月の文大統領就任時の公約)
□日本人が唱えるべき正論
 韓国企業の全売り上げの約4割を10大財閥企業が占める構造は変わらず。

■韓国の主張
「昨年は歴代最多の新設法人数を達成した」(2019年5月の文大統領演説)
□日本人が唱えるべき正論
 2018年の企業の破産申請数は過去最多の807件に上る。

■韓国の主張
「昨年の輸出額は5737億ドルと世界6位の輸出大国になった」(2018年8月の文大統領演説)
□日本人が唱えるべき正論
 対日貿易赤字は年々拡大、2018年に累計赤字が6046億ドルに達した。

関連記事

トピックス