芸能

杏や仲間由紀恵も ドラマ現場の「時短」背景に炎上対策も

仲間由紀恵と組んで時短撮影を希望!?

 人気俳優と言えば、ロクに寝る時間が取れないのは当たり前。かつては寝不足や過酷な移動はむしろ勲章だったが、ドラマのロケ現場でもついに“働き方改革”が進んでいる。

 時短事情を伝えたのは、NEWSポストセブンが1日に配信した「杏と仲間由紀恵はママ友、子育てのため『偽装不倫』時短撮影」という記事だ。この記事は、ドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)で共演する杏と仲間由紀恵が、“共闘”して時短を求めているというもの。3人の子を持つ杏と、2人の子を持つ仲間が揃って撮影を短くするよう希望したところ、制作側はクランクインの前倒しやスタッフ増員で対応し、スタッフにも好評だという。

 この記事に対し、ネットのコメント欄には、

「今回のように周りにもメリット出せたらみんな嬉しいですね!」
「効率アップやみんなで支え合って仕事していくのは素晴らしいね」
「ママだから、ではなく、本来はどの職業でも時間内で終わることができたら素敵ですよね」

 と、好意的なコメントが寄せられているが、かつてのドラマの撮影現場は本当に過酷だったようだ。現役40代のテレビマンはいう。

「ドラマ撮影は深夜、早朝が当たり前。この業界に入った時、台本のスケジュールに書かれた『終了30時(予定)』という文字を見て、驚いたものです。大物演出家の中には、平気で何十回も撮り直しを指示する方もおり、ベテランの裏方が“今日は帰れねえな”などと吐き捨てるのは当たり前の光景でした」(現役テレビマン)

 良い作品を作るために、妥協を許さない姿勢を貫くのは当然と言える。しかし、かつてほどドラマが視聴率を取れなくなってきたことが、時短の流れを後押ししているという。テレビ関係者がいう。

「かつては1話に5000万円以上かける連ドラもありましたが、今やそんなことができるのはNHKの大河ドラマだけ。ドラマが視聴率を取れなくなった今、民放の連ドラの1話あたりの制作費は2000~4000万円程度です。制作費を抑える方法は色々ですが、短時間で撮ればその分、人件費が削れるので、仲間由紀恵や杏の申し出は、制作側としても望むところでしょう」(テレビ関係者)

 出演者も制作側も喜ぶなら、まさにウィン・ウィンだが、これからもドラマ現場で時短は進んでいくのか? ベテラン芸能記者の石田春男氏はこう語る。

「『偽装不倫』で時短が実現した最大の理由は、それぞれ数々の大ヒット作を持つ杏と仲間由紀恵という人気女優がそれを望んだからですが、背景には炎上対策もあります。これまでは、『撮影時間の長さ=作品への熱意の現れ』でしたが、今の時代にそんなことをして子育てに理解のない姿勢が公になれば、“ブラック現場”などと叩かれかねません。

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン