ライフ

【坪内祐三氏書評】TBS以降の国際プロレスの内実を俯瞰

『東京12チャンネル時代の国際プロレス』流智美・著

【書評】『東京12チャンネル時代の国際プロレス』/流智美・著/辰巳出版/2000円+税
【評者】坪内祐三(評論家)

 プロレスブームと言われている今、私はプロレスにまったく興味ないが、かつては熱狂的なプロレスファンだった。その私が一番信頼しているプロレスライターが本書の著者、流智美だ。流氏は一九五七年十一月生まれ、私は一九五八年五月生まれ、ほぼ同世代だ。

 だから、「あとがき」の、日本で「プロレス人気が一番高かった」のは「1969年、昭和44年です」という言葉にまったく共感する。その年、週に八つもプロレス番組が放映され、私がプロレス会場に足を運ぶようになったのもその年の夏のことだ(初めて見に行ったのは東京体育館で行なわれたインターナショナル・タッグ選手権)。当時はまだジャイアント馬場とアントニオ猪木は別れておらず、つまり日本プロレスの黄金時代だが、国際プロレスという独特の味わいを持つ団体もあった。

 国際プロレスは別名TBSプロレスとも呼ばれ、一九七四年三月までTBSが放映していたが、同年六月から東京12チャンネルが放映するようになった。それはちょうど私が中学生から高校生に変わる頃で、プロレス離れが進んでいたから、国際プロレス、個々のエピソードはおさえていたけれどテレビを見ることはあまりなかった(一番熱心に見たのはアントニオ猪木の新日本プロレス)。だから、これはとてもありがたい本だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人 オフの戦力補強はまた大物外国人頼み?「これでは来季も優勝争いに絡めない」の指摘
NEWSポストセブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
かつてはバイト掛け持ちの苦労人で『ひよっこ』のヒットもあり大人気の有村架純
有村架純は“悪妻”をどう演じるか 『どうする家康』での注目ポイントを時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン