ビジネス

前澤友作氏が振り返る、高校時代に起こした「小さな革命」

インタビューに応じた前澤友作氏

インタビューに応じた前澤友作氏

 ネット衣料通販大手ZOZOがヤフーに買収され、創業者である前澤友作氏(43)は社長を退任した。億単位の現代アートや高級車を買いまくり、月旅行をぶち上げ、人気女優と堂々交際するなど、耳目を集める言動で常に注目を集めてきた前澤氏だが、どのようにして今の立場や考え方に至ったのか。「嫌われたくないんですよ、ホントは好かれたいんです」──意外な一言から、プロインタビュアー・吉田豪氏による“深彫りインタビュー”は始まった。

──いろいろなところで叩かれる、こういう有名税的な状況にはいつごろ慣れたんですか?

前澤:有名税……だけど、昔から煙たがられるような言動も多かったので、よく言われてましたよ。

──でも、バンド時代にはさすがにないわけじゃないですか。

前澤:いやいや、よく言われてましたよ。すぐ音楽性を変えるもんで、ファンのことを考えてないとかって叩かれたこともあるし。昔から、なんか変わらなきゃとふと思ったり、今の音楽に飽きちゃったりすると、どんどん遠慮なく音楽も変えていってしまうタイプなので。ありがたいことにファンも多かったですけど、アンチで、批判する人も昔から多かったですね。

──じゃあある意味、慣れてはいる。

前澤:慣れてます。学校の先生にもめっちゃ嫌われていましたし。

──それは基本、言うことを聞かないからですか?

前澤:言うことを聞かないし、きっとグサッと傷つくようなことを大人に対しても言っちゃうんですよ。「生き方がカッコよくない」とか(笑)。昔から人に刺さる言葉をついつい。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン