ライフ

東大式筋トレvs京大式ダイエット 最強のシニア健康法は?

「筋肉博士」の異名をとる石井直方氏

 日本最難関の国立大学といわれる東京大学と京都大学──東西の両雄には、それぞれ学生に対して「健康」をテーマに講義してきた“先生”がいる。彼らが提唱する「最強の健康法」とは。

 東京大学には、「筋肉博士」の異名をとる教授がいる。石井直方氏(64)だ。東大理学部入学後にボディビルとウェイトリフティングを始め、1981年と1983年にボディビル・ミスター日本で優勝。1986年、31歳の時にはIFBB世界ボディビル選手権(ミスターユニバース)で7位に入賞した。

 生理学が専門で、日本における筋肉研究の第一人者である石井氏の研究テーマは、「筋トレをするとなぜ筋肉は太く、強くなるのか」。現象としては半ば常識だが、科学的な仕組みとしては未解明な部分も多いといい、その研究意欲は衰えることがない。

「人生100年時代、筋肉を維持することはとても重要です。その意味は単に体を動かす機能を維持するということにとどまりません。筋肉には自ら多くのホルモン様の物質を生み出す力があり、それが各臓器に働きかけて病気を予防することが研究からわかってきました。『SPARC』という物質は、大腸がんのリスクを減らす効果が指摘されます。『イリシン』は脳の記憶中枢である海馬を活性化して、認知症を予防する効果が期待されています」(石井氏)

 石井氏は61歳の時にステージ4の悪性リンパ腫を患った。そこから生還できたのは「普段から筋肉を鍛えていたことが一因」だという。

「40年以上に及ぶ筋トレで筋力と体力を培ったことが幸いして、抗がん剤治療を乗り越えられました。体力があるからこそ気力も付いてきて、闘病に前向きになれました。筋トレに年齢制限はありません。やり方さえ間違えなければ、還暦を過ぎても全く問題なく取り組むことができます」(石井氏)

 そう指摘する石井氏が勧めるのが「東大式スクワット」だ(やり方は図参照)。

東大式「がん予防」スクワット

「体重が重すぎたら机に手をつき、軽すぎたらリュックを背負うなどして負荷をコントロールしてください。左右それぞれの足を前に出して5~10回を1セットとし2~3セットを週2~3回行なえばOKです」(石井氏)

関連記事

トピックス

ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
小栗旬演じる北条義時(C)NHK
『鎌倉殿の13人』歴史研究家が指摘「このペースでは最後まで終わらない」
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
トイレを掃除して美しく保つことで、どんな効果があるのか(イメージ)
「素手でトイレ掃除」は美談なのか 誤解と懸念がないまぜの議論
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
高須クリニック
銀座高須クリニック院長が伝授 マスクを取る前にやっておきたい「たるみケア」
女性セブン