成長した子供たちがサッカーに夢中になってからは、ふたりの時間を楽しんだ。富士山の麓や長野県などに2泊3日で出かけるなど、各地を旅行した

◆念願のマイホーム

《千葉県に住んでもいいかも…と、袖ケ浦市の三井の分譲住宅を見学するバスツアーに参加してみました。子供たちも連れて、遠足気分でしたよね。ひと目見て、気に入ってしまった一戸建て。ほかも見ずに、即決しましたよね。目白の実家には遠くなりましたが、長浦に家を買ったことで、やっと2人の生活の基盤が完成しましたね》

〈憧れの一戸建てマイホーム。60坪くらいあったので庭も広く、一部を菜園にしたりしましたね。私も野菜を作ったのは生まれて初めてでしたが、意外だったのは、若い時からマンション暮らしで土いじりに縁のなさそうなキミが、野菜の作り方に詳しかったことです。おかげでおいしい野菜がいっぱい食べられました〉

 マイホームを購入してから、休日の過ごし方が一変し、子供たちと過ごす時間も増えたという。この頃から容子さんは洋裁、英司さんは革細工を始めるなど、ふたりとも手作りの趣味ができた。

◆定年後のくらし

《あなたも私も、手作りが好き。いつから好きになったのか、わからないけれど、私は、結婚前から洋裁が好きだったし、買ったものだけでは満足できないことが多かったと記憶しています。激務のサラリーマン生活の間にも、あなたは、それほど手先が器用というほどではないのだけれど、手作りを楽しんできましたね。木彫りや革細工、高知では、陶芸も。ストレスからの気分転換には、クラフトの趣味は、最適だったのかもしれませんね》

〈私はゆっくりと慎重に1つ1つ考えながら作る。キミは大胆に全体を見ながらスピーディーに仕上げてゆく、そんな性格の違いはあったけど、それぞれが作っている時間が本当に楽しい時間でした。そして私の作品をキミがほめてくれるのが、一番の作り甲斐でした〉

 ふたりでゆったり過ごす時間をようやく確保できるようになった。時間とお金の余裕ができたことはもちろん、趣味の作品をほめ合うことが互いの励みとなった。子供たちは順調に成長し、ふたりの時間も充実し、堅実で幸せな時間だった。

※女性セブン2019年11月7・14日号

関連記事

トピックス

小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
閣僚のスキャンダルが続く岸田政権(時事通信フォト)
閣僚辞任ドミノの岸田政権、第1次安倍政権末期に酷似「年内か、来年1月まで」の声も
週刊ポスト
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
NEWSポストセブン