スポーツ

ゴルフ「ぽっちゃり王子」銭湯手伝いながら練習の日々で眠い

石川遼は「ハニカミ王子」と呼ばれた(写真/共同通信社)

 今年のドラフトでは、高校野球を沸かせた2人のライバル、佐々木朗希(大船渡)と奥川恭伸(星稜)に注目が集まった。スポーツ界の歴史はこのように、ライバルとして並び称された「ふたり」が何組もいた。それはゴルフの世界にも存在する。

 2007年、15歳と245日の最年少記録でプロゴルフトーナメント「マンシングウェアオープンKSBカップ」に優勝し、“ハニカミ王子”の愛称で一躍有名になった石川遼。

 その1年後輩で、石川と共に世界ジュニア選手権で日本代表になり“ぽっちゃり王子”として親しまれたのが古田幸希だった。

「東北福祉大では、松山英樹の後を継いで主将を務めた。その後、2015年にプロデビュー。今季はレギュラーツアー3試合に出場し、賞金総額は97万7800円。

 ゴルフだけでは食えないので、実家のスーパー銭湯を手伝いながら練習に励む日々だそう。風呂の掃除は朝4時から始まるので、毎日眠くて大変だとか。

 今年2月には、ジュニア時代のチームジャパンで一緒だった、日本ジュニア2連覇の宮澤亜衣さんと結婚。奮起が期待されています」(ゴルフ誌記者)

「ぽっちゃり王子」こと古田幸希(写真/共同通信社)

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

関連記事

トピックス

石破茂元幹事長が語った(時事通信フォト)
石破茂氏、自民の旧統一教会問題に提起「党として関係断つなら、教団解散を検討すべき」
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
NEWSポストセブン
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト