芸能

『旅バラ』終了決定でも存続期待高まる『バス旅』の可能性

『バス旅』における蛭子能収の役割に変化も

 このまま終了するのは、あまりに惜しい──。11月13日の『太川蛭子の旅バラ』(テレビ東京系)は、番組初の試み『バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅』が放送された。太川陽介、蛭子能収、南明奈のバスチームと村井美樹、スギちゃん、西野未姫の鉄道チームに分かれ、1泊2日で盛岡駅から八甲田ロープウェーを目指し、どちらが先に到着するかを競った。

 視聴率は、番組最高タイの8.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)を獲得。TBS『世界野球プレミア12 日本対メキシコ』13.6%、日本テレビ『ベストヒット歌謡祭2019』10.3%と強力な裏番組がひしめく中、健闘したと言っていいだろう。

 残念ながら、72歳の蛭子能収の体力的な問題があり、番組は12月25日限りで幕を閉じると発表された。直近2回とも8.1%と波に乗ってきたところでの終了は残念だが、72歳の蛭子に長距離の徒歩移動を強いるのは酷であり、致し方ない面もあるのかもしれない。

 だが、蛭子に代わるタレントを立てても、リーダー・太川陽介を軸とした『バス旅』はまだまだ視聴率を取れるはずだ。なぜなら、特番時代と最近の放送を比べると、蛭子の役割が明らかに変わったからである。

『旅バラ』の原型ともいえる『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は2007年に不定期特番として開始。実直にゴールを目指す太川陽介と自由奔放な蛭子能収のコントラスト、女性ゲスト(通称・マドンナ)との絶妙なコンビネーションが話題になり、最高視聴率15.3%を記録。2012~2014年には8回中6回も12%以上を叩き出した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン