• TOP
  • ビジネス
  • 伊勢神宮へのお召し列車で話題 近鉄の新型特急開発への意欲

ビジネス

2019.12.01 07:00  NEWSポストセブン

伊勢神宮へのお召し列車で話題 近鉄の新型特急開発への意欲

「しまかぜ」カフェ車両で松阪牛カレーをどうぞ(時事通信フォト)

「しまかぜ」カフェ車両で松阪牛カレーをどうぞ(時事通信フォト)

 2013年から運行を開始した「しまかぜ」は、豪華な特別仕様。そのため、運行開始以前から鉄道ファンを虜にした。して、運行が開始されると、たちまち近鉄の看板特急になる。

「近鉄は、お客様の求めるサービスレベルの向上に対応して、将来にわたって快適にご利用いただけるよう常に車内設備の充実化を図っています。50000系『しまかせ』は“最高のおもてなしで、伊勢志摩へ”をコンセプトにしています。『しまかぜ』は単なる移動手段ではありません。乗ること自体が旅の目的のひとつとなるような、伊勢志摩への観光輸送活性化の切り札として開発された車両です」と話すのは近鉄広報部の担当者だ。

「しまかぜ」は団体旅行の際に重宝する個室が備えられているほか、非経済を理由に最近では縮小傾向にあるカフェ車両も設けている。「しまかぜ」は、列車とは思えないほど豪華な設備とサービスが充実している。

「しまかぜ」は鉄道ファンの度肝を抜いただけではなく、伊勢志摩観光のあり方を根底から覆した。しかし、近鉄が力を入れている特急は「しまかぜ」だけではない。

「しまかぜ」の登場以前に伊勢志摩観光のエース特急として活躍していた「伊勢志摩ライナー」、列車内に足湯が完備された観光列車「つどい」、バーカウンターを設置した観光列車「青の交響曲(シンフォニー)」、桜で有名な吉野へと走る特急「さくらライナー」など、近鉄特急のラインナップは群を抜いている。また、観光特急だけではなくビジネス特急「アーバンライナーplus」なども運行。特急の層の厚さは、他社を圧倒している。

 特急のバリエーションが多ければ、乗るのも見るのも楽しい。しかし、鉄道事業者にとって車両のバリエーションが増えれば、運用面で非効率になる。車両のメンテナンスや管理も煩雑化・非効率になるだろう。車両のバリエーションを増やすことは、鉄道会社にとって諸刃の剣でもある。

関連記事

トピックス