ライフ

椎名林檎も共感、我が子の障害を受け入れる人々を描く本

椎名林檎も読み込んだ命の尊さを訴える一冊(時事通信フォト)

椎名林檎も読み込んだ命の尊さを訴える一冊(時事通信フォト)

『運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語』(小学館)、『発達障害に生まれて―自閉症児と母の17年』(中央公論新社)など多くのノンフィクション作品を世に送り出し、小学館ノンフィクション大賞も受賞している小児外科医の松永正訓さんが、この10月に上梓したのは『いのちは輝く わが子の障害を受け入れるとき』(中央公論新社)。

 2017年10月から今年4月まで読売新聞の医療サイト『ヨミドクター』で隔週連載された「いのちは輝く」に加筆・再構成したものだ。

「書く内容は、連載が始まる前に決めていました。1年半を費やして、ひとつの世界観を発信できたと思います。それは“命を巡る価値観”。個々人が命をどのように捉えているかをあぶり出す。そういう作品に仕上がっています」(松永さん・以下同)

 反響はすさまじく、読売新聞オンライン史上最高の1億900万PVを記録した。

「連載終了後に、PV数が1億超えと聞き、驚きとともに子どもの障害への関心の高さを実感しました」

 有名人も反応した。本作品の帯には、

「この世に
生を受けた
誰しもに
関わってくれる
やさしい
哲学書
です」

 という一文があるが、これはシンガーソングライターの椎名林檎から寄せられた文章だ。

 今年6月に放送されたNHK『SONGS』では、彼女の日常の出来事が日記形式で公開された。そこには、

《2017年11月某日 小児外科の松永正訓先生による記事。今回は私と同じ先天性奇形・食道閉鎖で生まれた子についての議題。この赤ちゃんには口唇口蓋裂も見付かり、どうも親御さんはそちらのほうを憂いて、食道閉鎖の手術へ同意なさらなかったらしい。赤ちゃんは時間切れでじき餓死。

 松永先生は文中「21世紀の現代にこんなことがあってもいいのか」とおっしゃっている。確かに。しかし同時に今の時代だからこそ起こった出来事のようにも思える。》

 とあった。椎名は先天性食道閉鎖症という病気を抱えて生まれてきたため、生後まもなく手術を受けている。そんな彼女からの手紙を、松永さんは出版社を通して受け取ったという。

「椎名さんは食道閉鎖の赤ちゃんの話を読んで、当時の自分の病気について母親と話す機会を持てたようでした」

 また、彼女は松永さんの『ヨミドクター』の記事を読んでは、友人と議論することもたびたびあったという。小児外科医の最優先事項は子どもの救命だ。

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン