国内

2019年重大ニュース【国内】タピオカ流行の裏でヤクザ暗躍

2019年の国内重大ニュース1位は

 2019年も『NEWSポストセブン』では数多くの記事を紹介し続けてきた。その中から編集部が、ネットで反響の大きかった記事を中心に、巷の重大ニュースとは、ひと味違う2019年の「重大ニュース」を厳選した(2018年12月~2019年11月末の記事が対象)。ここでは【国内】編ベスト10を紹介。トップ3の記事については、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が解説する。(以下「」内は中川氏のコメント)

●国内編1~3位

【1位】

食べたら”共犯者”に?

■タピオカがヤクザの資金源に 「こんなに楽な商売はない」(6月)

「あの頃、“若い女性に大人気”的な形で各メディアが取り上げていたタピオカですが、そんな中、いきなり『ヤクザの資金源』というまったくもって別視点からの記事が登場し、ネット上が騒然。当然、この話題はその日のSNSのトレンドワードに入るほか、『暴力団タピ岡』といった言葉も生まれ、しばらくは『ヤクザとタピオカ』という言葉は『パワーワード』扱いとなりました」

【2位】

女性宮家創設で小室さんはどうなる?

■小室圭さんに「圭殿下」「圭さま」の呼称も、女性宮家創設なら(5月)

「小室氏については、『世渡り上手』といった印象を持たれているようです。同氏はその頂点に到達したという評価です。しかし、世渡り上手な方が日本の象徴である皇室の一員となることはどうなのか? そういった“モヤモヤする”気持ちがネットの各所で表明され、この記事も大きな反響を呼んだのでは、といった印象を持ちました」

【3位】

トランプ氏が食べたのは実は北海道産だった(共同通信社)

トランプ氏が食べたのは実は北海道産だった(共同通信社)

■トランプ氏堪能「アイダホ産じゃがいも」、本当は国産だった(6月)

「この記事を受けてのネット上の反応を見ると、『どうでもいいじゃないか! マスゴミは余計な詮索するな!』といったコメントが溢れていました。主に、親安倍、親トランプ派からの声だったのですが、むしろ『北海道産のジャガイモはおいしい』という形の『日本上げ』と捉えて欲しかった記事です」

●以下、4~10位

■悠仁さま、眞子さまを「よからぬあだ名」で呼ばれることも(6月)

■懲戒処分された風俗バイト女性警官 真面目な勤務日報の内容(10月)

■「好きで好きで」と女に刺されたホストが告白 あの日何が?(7月)

■煽り男とガラケー女 2人に対してむいた牙も怖かった(8月)

■桜田義孝元五輪相「失言なんかしたことありません」と新失言(9月)

■去年の福男 食中毒、受験失敗、当て逃げ被害…など不幸続き(1月)

■はんこ大臣ほか、官僚からの評価が低い現役大臣たちの実名(11月)

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン