• TOP
  • 国際情報
  • レバノンにいる日本人、皆「カルロス・ゴーン?」と聞かれる

国際情報

2020.01.08 16:00  NEWSポストセブン

レバノンにいる日本人、皆「カルロス・ゴーン?」と聞かれる

ベイルートのゴーン氏の自宅前。世界から多くの報道陣が詰めかけている(AFP=時事)

ベイルートのゴーン氏の自宅前。世界から多くの報道陣が詰めかけている(AFP=時事)

 レバノンに出国した日産の元会長カルロス・ゴーン氏が、日本時間1月8日午後10時(現地時間:同午後3時)に記者会見を開くのを目前に、開催予定地の首都ベイルート市内も慌ただしくなっている。

 現地で取材する日本人ジャーナリストが語る。

「会見前日の7日夕方にベイルート市内にあるゴーン氏の邸宅前に行ってみると、30人ほどの報道陣が集まっていました。海外メディアは日本人のコメントが欲しいらしく、私もフランスのテレビ局の女性レポーターから『日本人か? なぜここに来たのか? ジャーナリストか?』などと矢継ぎ早に質問を受けました。

 市内の一般の人々も、私の顔を見るなり『フロム・ジャパン?』『カルロス・ゴーン?』と聞いてきます。タクシー運転手や携帯電話ショップの店員、ホテルのエレベーターで乗り合わせた人からも聞かれました。日本人に限らず東洋人と見れば、誰かれ構わずそのように声を掛けているようでした」

 ゴーン氏は、両親がともにレバノンにルーツを持ち、自身も生まれはブラジルだが6歳からベイルートに住んだ。フランスのパリ国立高等鉱業学校に進学するまでここで教育を受けた経験を持つ。ベイルート市民にとっては、“郷土の英雄”とも言われるゴーン氏にまつわる一連の騒動について、大きな関心が集まっているようだ。

 会見前夜のベイルート市内は、地面が揺れ動くほどの雷鳴が何度も響き渡り、激しい雨が降った。ゴーン氏は会見で「逮捕劇は日産内のクーデターだった」「日本の政府関係者も関与した」などと主張するとみられ、その証言次第では国内でも衝撃が広がる可能性がある。それを予感させるかのような、嵐の夜だった。

 日本との時差マイナス7時間のレバノンは夜が明け、会見当日を迎えている。

◆レバノン現地取材班

ゴーン氏の自宅前では日本人記者が海外メディアから取材される姿が見られた

ゴーン氏の自宅前では日本人記者が海外メディアから取材される姿が見られた

関連記事

トピックス