芸能

立川志らく、テレビで和装を貫く理由と目指す「超二流」

『グッとラック!』でその日を振り返る『志らく一段落』。この日は若い女性に増えている整形手術の話題に触れ、父としての心境を語った

 落語界の風雲児・立川談志のDNAを受け継ぎ、歯に衣着せぬコメントで令和のテレビ界を賑わせている男、立川志らく(56才)。コメンテーターの枠を超え、2019年秋口からは新たなる挑戦として情報番組『グッとラック!』(TBS系)の司会を務めている。

 トレードマークでもある羽織袴姿。高座に限らずテレビ出演の際には和装を貫いているという。

「昔はテレビに出る時には着物はNGと決めていたくらい“落語家=着物”という固定観念がものすごくいやでした。でもね、考えてみると日本人が落語を意識するのは週に1度の『笑点』(日本テレビ系)くらいで、おそらく人口の1%程度しか落語の面白さをわからないまま死んでしまう。月曜から金曜の毎日『グッとラック!』と『ひるおび!』(TBS系)の2番組に着物で出演することで、“こいつは落語家なんだな”と意識してもらえる。それは非常に意味があるんじゃないかと思うようになったんです」

 2017年に上半期ブレイクタレントランキングで1位に選ばれテレビでの露出が増えたことで、世間からは心ない言葉を浴びせられることも。

「“落語もやらずにテレビに出て”なんて落語ファンのなかにはそう言う人もいるけれど、この姿でどれだけ私が落語に貢献しているかって、ねぇ?(笑い)」

“落語もやらずに”どころか、精力的に高座へも上がっている。平日は帯で情報番組の出演と他番組の収録をはじめ、夕方からは立川一門会の落語会や、2018年に文化庁芸術祭大衆芸能部門で優秀賞を受賞した『志らく独り会』などの独演会をこなし、週末は高座を掛け持ちすることもある。しかもその忙しさで新作落語もさらりと作るのだから恐れ入る。

「落語は一生かけてやるもので、高座に上がって生で感じたことを次へ生かしていく。経験を重ねて完成させていく芸なので、準備に時間をかけすぎる必要はないんです」

 テレビでの経験も落語に生きていると言う。

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平を拝めるスポットやゆかりの地はどこか
ロサンゼルスの“大谷翔平スポット”を紹介 「壁画」「コーヒーチェーン」「大谷丼」「山本由伸と食事をした日本食レストラン」など
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
政倫審に出席しない萩生田氏
政倫審にも出席せず 安倍派5人衆で「萩生田光一・前政調会長だけがレクの時に“心ここにあらず”の様子」のワケ
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン