• TOP
  • 芸能
  • 小柳ルミ子 60代以上の健康と幸せは「パッション」にかかっている

芸能

2020.01.21 07:00  NEWSポストセブン

小柳ルミ子 60代以上の健康と幸せは「パッション」にかかっている

小柳ルミ子さんはサッカーを年間約2000試合観戦するという

 米・ワシントンDC在住のライフコーチ、ボーク重子さんは、新刊『「パッション」の見つけ方』のテーマである「パッション」について語るとき、必ず心に浮かぶ人がいるという。それは、昭和の歌謡史に名を刻み、今ではサッカーコメンテーターとして、また人気ブロガーとしても新たなファンを獲得している歌手・小柳ルミ子さんのこと。

「パッション」、それは日本語に訳せば“情熱”のことながら、ここでいうパッションは少しニュアンスが違う。大好きで、それさえあれば困難にも打ち克てる人生のエンジンのようなもの。その対象は、仕事でも趣味でもボランティアでも何でもありだ。

 67歳になった今もサッカーに対するパッションで毎日が楽しいという小柳さんと、アメリカで現代アートギャラリーを開いて成功させ、50歳でライフコーチとして新たな挑戦を始めた現在54歳のボークさんの念願の対談が実現した。

 * * *
ボーク重子(以下、重子):やっとお会いできて嬉しいです。人生100年時代の今、60代半ばを過ぎて、こんなにキラキラしているルミ子さんの存在は、本当にずっと憧れでした。

小柳ルミ子(以下、ルミ子):光栄です! 私は若い頃、日本を出てブロードウェーに挑戦しようかと考えたことがあって、語学やいろいろな問題で結局実現しなかったのですが、お一人で海外に渡って人生を切り拓いていらっしゃること、心から尊敬します。

重子:ありがとうございます。私は子どものころに母とよくルミ子さんをテレビで観ていて、すごく綺麗だし、歌が上手な素敵なかただと思っていました。長い間日本の芸能界の第一線で活躍されるだけでもすごいのに、いまは世界のサッカーに関してプロ顔負けの分析・解説をなさっています。きっかけはなんだったのですか?

ルミ子:いろいろありましたが、本当に熱中するようになったのは、今から15~16年ほと前、メッシがサッカー界に登場してからですね。そのときメッシは17歳の少年でした。ホルモン異常の難病で背が伸びないという問題を克服してのデビューでしたが、彼のその類い希な技術・人間力とパッションにあっという間にメッシの虜になりました。365日毎日サッカーを観ているうちに、それはまさに人生の縮図だと感じ、ますますのめり込みました。

関連記事

トピックス