スポーツ

横綱・白鵬 東京五輪土俵入り願うが聖火ランナーがやっとか

白鵬の宿願は叶うのか(写真/共同通信社)

 2020年初場所を4日目にして早々と休場した横綱・白鵬。白鵬にとって通算14回目の休場となるが、元横綱・稀勢の里(現・荒磯親方)が途中休場を含めて8場所連続で休んだ“前例”がある。

「それだけに、白鵬としては進退を問われるような事態はまだまだ先という認識でしょう。ただ、唯一の日本人横綱として人気を誇った稀勢の里と同じような論調で擁護されることはないだろう。力士としてのキャリアはもう“土俵際”といっていい」(若手親方)

 もともと白鵬は東京五輪開会式での土俵入りを花道に引退し、功績著しい横綱のみに認められる「一代年寄」となる宿願を抱いていた。その野望にも暗雲が立ちこめる。

「引退後も現役時代の四股名のまま協会に残れる一代年寄はこれまで大鵬、北の湖、千代の富士(辞退して九重を襲名)、貴乃花に認められた。白鵬は、大鵬の32回という優勝記録を塗り替えたが、協会内には立ち合いやダメ押し、懸賞金の受け取り方など、素行や品格の問題を理由に認めない意見が根強くある。東京五輪も、そもそも開会式で土俵入りがプログラムに入るかもわからない。聖火ランナーの一人になるという程度の話になるのではないか」(同前)

※週刊ポスト2020年1月31日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン