• TOP
  • ライフ
  • 自律神経の名医 ストレスで苦しむ人は腸内環境の改善を

ライフ

2020.02.02 16:00  NEWSポストセブン

自律神経の名医 ストレスで苦しむ人は腸内環境の改善を

小林教授が推奨する腸内環境改善法とは

 仕事で強いストレスを感じる労働者の割合は58.3%にも及び(2018年厚労省発表)、「働き方改革」の本質は、肉体面よりメンタルヘルス対策にあるとも言われている。職場だけでなく、SNS上の人間関係が原因で精神を病む人も多い。これに対して、自律神経研究の第一人者である順天堂大学医学部の小林弘幸教授は、最新刊『不摂生でも病気にならない人の習慣』の中で、精神的な疲労に対する“意外な解消策”を説いている。その方法とは?

 * * *
 現代社会は、ストレスだらけです。とりわけビジネスパーソンは精神的疲労が蓄積し、疲労困憊している人は少なくないでしょう。

 では、その疲労をどう取り除くか。スポーツで汗をかく。カラオケで歌いまくる。飲んで騒ぐ。人それぞれ、いろいろなストレス発散の仕方があると思いますが、実際、そのことで精神的疲労がどれほど軽減されたか、追跡している人はいるでしょうか。結論から言えば、「実はそれほどでも……」という人が多いのです。

 なぜなら、メンタルヘルスの不調は「腸内環境」に原因があることが多いのです。私の便秘外来には、毎日多くの患者さんがやってきます。こうした患者さんの中には、うつ病を患っている方や、メンタルヘルスの不調を抱えている方が少なからずいます。

 こうした患者さんの便秘や下痢が改善すると、実は鬱症状やメンタルヘルスの不調がなくなる場合が多いのです。

 なぜか。それは腸管が血液の質を決める働きを担っているからです。栄養を含んだ良い血液が送り出されているならいいのですが、腐敗物質や毒素を含んだ悪い血液が全身に回っている場合は、当然、体のあちこちで問題が出てきます。

 太りやすくなる、全身の疲労感、老化なども、腸内環境の悪化がひとつの原因です。さらに、この時、血液中の赤血球も変形し、酸素の運搬がうまくいっていないことがわかっています。結果、全身の細胞は、酸素不足の状態に陥ります。やがて細胞の生命力が失われていきます。

関連記事

トピックス