• TOP
  • 芸能
  • 堂本光一、ジャニー氏の死で増すプロデューサーとしての自覚

芸能

2020.02.06 11:00  女性セブン

堂本光一、ジャニー氏の死で増すプロデューサーとしての自覚

真剣な表情で歩く光一

 光一からにじみ出る気迫は、昨年12月に始まった本読み稽古でも発揮されたという。

「光一さんのライバル役として上田竜也さん(36才)が17年ぶりにSHOCKに出演しています。上田さんはKAT-TUNのメンバーとして19年というキャリアがありますが、光一さんはその上田さんのミュージカル俳優としての発声にはまだ伸びしろがあると話し、稽古場に残って2人で練習したそうです」(テレビ局関係者)

 立ち稽古が始まると、時には大きな声を出すこともあったほど。

「これまで光一さんの指示は丁寧でしたが、今回は感情を出して厳しく叱咤するような場面も見られました。“そんなんじゃ、ジャニーさんに見せられないよ”“ジャニーさんから何を学んだんだ”と口にするそうです。そう言われるたびに出演者の気持ちがグッと上がり、稽古場がしまります。ジャニーさんを失ったことで、プロデューサーとしての自覚が一層、増したように見えます」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2020年2月20日号

関連記事

トピックス