• TOP
  • 芸能
  • 堂本光一、ジャニー氏の死で増すプロデューサーとしての自覚

芸能

2020.02.06 11:00  女性セブン

堂本光一、ジャニー氏の死で増すプロデューサーとしての自覚

ゲネプロを終えて、帰宅する光一

 日付が変わった深夜12時半の東京・帝国劇場。キャスト、スタッフが楽屋口から続々と出てくる中、姿を現した堂本光一(41才)は、疲れた様子を見せず笑顔で歩いていた。しかし、内心は違っていた──。

 2月3日、光一が主演・演出を務めるミュージカル『Endless SHOCK 20th Anniversary』(以下、SHOCK)のゲネプロが公開された。

「本番前の稽古は昼過ぎから始まって、夜の11時前まで連日続きました。光一さんは、ほかの出演者が帰ってからも居残りで稽古を続け、体のケアまで済ませてから劇場を後にしています。今回の舞台にかける熱量はいつもと違うように感じます」(舞台関係者)

 今年のSHOCKは第1回公演から20周年という記念すべき年であるが、別の意味でも大きな節目となる。昨年7月にジャニー喜多川さん(享年87)が亡くなってから、初めて帝国劇場で挑むからだ。

「帝国劇場はジャニーさんにとって思い入れの深い会場。ミュージカルの聖地であり、デビューを夢見るJr.やファンのためにこの会場で作品を作り続けました。一年の半分は帝劇で過ごしていたともいわれます」(芸能関係者)

 SHOCKは初め、ジャニーさんが脚本や演出を務めていた。しかし、2005年から光一が脚本を務め、今のストーリーが生まれた。

「演出など悩みがあったら光一さんはジャニーさんに相談していました。そのため、ジャニーさんが亡くなると周囲に、“自分で演出しても最後に責任を取るのはジャニーさんだったので、そこに甘えていたことにあらためて気づいた”と語っていました。精神的支柱がいなくなったことで、光一さんは今まで以上に責任感とプレッシャーを感じています」(前出・芸能関係者)

 今回のSHOCKはメインもアンサンブルキャストも一新された。そのキャスト選びから光一は熱を帯びていた。

「出演者のオーディションに参加したそうです。光一さんは参加者にせりふを言ってもらったり、ダンスを踊ってもらうなど、生前、ジャニーさんがやっていたようにすべてを見ていました。初心に帰って、一から始めようとしていました」(前出・芸能関係者)

ブラックスタイルの光一

関連記事

トピックス