• TOP
  • 芸能
  • 俳優でも存在感、霜降り明星は「第7世代の枠を超えた」説

芸能

2020.02.08 07:00  NEWSポストセブン

俳優でも存在感、霜降り明星は「第7世代の枠を超えた」説

俳優としても評価される霜降り明星

 一昨年の『M-1グランプリ』優勝をきっかけに、大ブレイクを果たし、さまざまな分野で活躍を続けるお笑いコンビ・霜降り明星。さらなる飛躍を感じさせる2人の可能性ついてコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 今冬もさまざまなドラマに多くの芸人が出演していますが、最注目は霜降り明星の二人。『テセウスの船』(TBS)にせいやさん、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)に粗品さんが出演しています。

 驚かされるのは、前者が『日曜劇場』、後者が『月9ドラマ』という両局きっての看板ドラマ枠であること。二人ともドラマ初出演であり、さらにどちらもシリアスな世界観の作品であるなど、芸人としては難しい役柄に挑んでいるのです。

 せいやさんは、主人公がタイムスリップした31年前に殺人事件が起きた村の住人役。粗品さんは、上昇志向が強い野心家のキャリア刑事役。ともに俳優としての一歩を踏み出しただけでなく、ここまで演技の評判も上々であることに感心させられます。

 そもそもコンビのどちらかが俳優業に挑むことは多いのですが、同時にオファーを受けるのは異例中の異例。2018年12月の『M-1グランプリ』優勝から1年あまりがすぎた今、彼らはテレビマンから何を評価され、世間の人々から何を求められているのでしょうか。また、今後はどんな可能性を秘めているのでしょうか。

◆特筆すべき器用さの裏に準備と努力

 彼らがキャスティングされた理由には、もちろん人気や話題性の意味はあるはずですが、決してそれだけではないでしょう。

 実際に俳優としての彼らを見てわかったのは、物語の中に溶け込み、存在感を消すシーンと出すシーンをしっかり切り換えられていること。はたして、どれだけ演技としての意図があるのか? それとも俳優としての素質が凄いのか? まだはじまったばかりでわからないものの、ベテラン・中堅俳優の中に混じっても、芸人特有の悪目立ちする感はありませんし、見せ場となるシーンでは役に入り込んだシリアスな表情も見せています。

 彼らを起用する側のテレビマンには、霜降り明星の長所にこのような器用さを挙げる人が少なくありません。あるバラエティのディレクターと話をしたとき、「二人ともツッコミにもボケにも回れる」「進行役の1人として台本を進めることも、トークやボケで時間をつなぐこともできる」とホメていました。

 また、意外だったのは、「笑いを取れるときばかりではないが、スベったときにも瞬時の対応で自分のフォローができる。そういうところも、ひっくるめて使いたくなる人は多いのではないか」と言っていたこと。ともに27歳と若いにも関わらず、決して勢いではない準備と努力を感じさせるのです。

 そんな彼らなら、俳優業に挑んだ今回もしっかり準備と努力をしたでしょうし、共演俳優から「自分ではない誰かを演じる」ことを学ぶなど、その経験値を漫才やコントに反映させるのではないでしょうか。言わば、霜降り明星にとって今回のドラマ出演は、ネタの質を上げるためのものになりそうなのです。

◆テレビとネット両面での縦横無尽な活躍

関連記事

トピックス