• TOP
  • 国内
  • 「二・二六事件」85年目の真実 “陸軍屈指の読書家”の死

国内

2020.02.09 07:00  NEWSポストセブン

「二・二六事件」85年目の真実 “陸軍屈指の読書家”の死

渡辺錠太郎と末娘の和子(当時8歳)。和子は父が殺される現場に居合わせた(渡辺家所蔵)

 昭和11(1936)年2月26日──。まだ夜も明けていない雪の帝都・東京で、日本最大のクーデター未遂事件が起こった。世に言う「二・二六事件」である。

 日本中を震撼させたこの事件から85年目を迎える今年、これまで全く顧みられなかった新事実が明らかになっている。それが、暗殺された被害者の一人、渡辺錠太郎陸軍大将に関する情報や資料の数々だ。

 実は、「渡辺錠太郎」の名前は、すでに多くの日本人が知っている。娘のシスター・渡辺和子が著書の中で何度も父・錠太郎について言及しているからだ。累計230万部を超え、平成期を代表する大ベストセラーとなった『置かれた場所で咲きなさい』(幻冬舎)でも、二・二六事件当日の渡辺邸の様子が以下のように綴られている。

〈父が一九三六年二月二十六日に六十二歳で亡くなった時に、私は九歳でした。[中略]事件当日は、父と床を並べて寝(い)んでおりました。七十年以上経った今も、雪が縁側の高さまで積もった朝のこと、トラックで乗りつけて来た兵士たちの怒号、銃声、その中で死んでいった父の最期の情景は私の目と耳にやきついています〉

関連記事

トピックス