• TOP
  • 国内
  • 新型コロナ、厚労省が最新検査法を導入しない呆れた理由

国内

2020.02.21 16:00  女性セブン

新型コロナ、厚労省が最新検査法を導入しない呆れた理由

食事を運ぶダイヤモンド・プリンセス号の乗員(乗客提供)

「義姉は船内に隔離され、2月12日に検査を受けたところ陰性でした。ところが15日に舌と唇が真っ赤になり、慌てて医務室に連絡して検査を受けると陽性と診断され、その日の夕方に着の身着のまま埼玉県内の病院に搬送されました。それまではなんともなかったのに体調が急変したんです。現在は家族も面会できない状態で、彼女は血圧が高くて喘息もあるので心配です」

 新型コロナウイルスに感染すると発熱や倦怠感、咳や呼吸不全をもよおし、悪化すると肺炎を引き起こす。発熱の目安は37.5℃以上だ。

「クルーズ船では私の妻が義姉と同部屋でした。妻はいまのところ陰性ですが隔離後に発熱と食欲不振を繰り返しており、いつ陽性反応が出るか不安です」(Aさん)

 Aさんの妻は現在も心の休まらない日々を過ごしている。

※女性セブン2020年3月5日号

関連記事

トピックス