ライフ

古市憲寿氏「この世界にドラえもんはいない」と感じた名場面

古市氏は「神回」を選んだ

 2020年はドラえもんが産声を上げてから50周年。それを記念して、社会学者で作家の古市憲寿氏に、22世紀に伝えたいドラえもんの言葉、場面を聞いたところ、てんとう虫コミックス『ドラえもん』第6巻「さようなら、ドラえもん」が選ばれた。

 * * *
 僕が子どもの頃、すでに『ドラえもん』は長寿アニメになっていて、毎週決まった時間に放送されるのが「当たり前」だった。だから『ドラえもん』に始まりや終わりがあることなんて、想像さえしなかった。

『ドラえもん』には原作がある。それを知って、書店でてんとう虫コミックスを買い集めたのは、小学生になってからだ。そこで初めて、『ドラえもん』の始まりと終わりに触れた。

「さようなら、ドラえもん」は、1974年に最終回として執筆された作品である。特に印象的なのは最後のコマだ。がらんとした部屋で、のび太が穏やかな表情で座っている。

 子ども心に思ったのは、それが当たり前なんだよ、ということ。この世界にドラえもんなんていないから。彼との別れ(そして再会も)が経験できたのび太が羨ましくて仕方なかった。

【てんとう虫コミックス『ドラえもん』第6巻「さようなら、ドラえもん」とは】
 ジャイアンに追いかけられて自宅へ逃げ込んだのび太は、けんかに強くなる道具をドラえもんに要望する。ドラえもんは「ひとりでできないけんかならするな!」と叱った後、未来の世界へ帰ることを打ち明けた。最後の夜、のび太はジャイアンに殴られ続けても、「ぼくだけの力で、きみにかたないと…、ドラえもんが安心して…帰れないんだ!」と勝負を挑み続ける。ついにジャイアンが負けを認めた。「勝ったよ、ぼく」。傷だらけののび太はドラえもんに笑顔をみせた。

古市憲寿氏は藤子・F・不二雄氏好き(撮影/横田紋子)

●ふるいち・のりとし/1985年生まれ。東京都出身。情報番組のコメンテーター、雑誌の連載執筆など幅広く活躍。藤子・F・不二雄先生好きを公言し、『ドラえもん』に造詣が深い。作家としても活動。最新刊は小説『奈落』。

(C)藤子プロ・小学館

※週刊ポスト2020年3月13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン