ビジネス

西武鉄道 女性視点で開発した新型車輌が看板列車になるまで

Laviewは大きな窓も特徴のひとつ(時事通信フォト)

Laviewは大きな窓も特徴のひとつ(時事通信フォト)

 昨年、西武は特急列車「レッドアロー」号の運行開始50周年という節目を迎えた。それと同時に、新型特急001系「Laview」を新登場させている。

「Laview」は、これまでの鉄道業界の常識を覆す斬新な外観デザインの特急車両で、その開発コンセプトは”いままでになかった、まったく新しい特急列車をつくろう”というものだった。

 デザインを担当したのは、建築界のノーベル賞とも形容されるプリツカー賞を2010年に受賞した建築家の妹島和世さんだ。

 これまでの鉄道車両は事故に耐えられるための強度を保持すること、火災発生を想定して不燃性を高めるといった安全性の観点から、見た目は後回しにされてきた。なにより、トンネルや駅舎などの寸法とも合わせなければならず、橋梁や線路に負荷をかけないためにもサイズや重量にも制約があった。

 そのため、鉄道車両のデザインには自由度が少なく、どうしても似たような外観にならざるを得なかった。しかも武骨かつ無機質。メカ的な魅力から男性が惹きつけられることはあっても、女性ウケすることは少なかった。

 また、車両デザインを担当するデザイナーは、男性ばかり。そのため、男性がかっこいいと感じるようなデザインが主流になっていた。鉄道車両というハード面に関しては、明らかに男性中心の世界だった。

 建築家として世界で実力を認められている妹島さんを”女性”建築家と、性別で区別するのは大変失礼だが、それでも、やはり鉄道車両の分野で”女性”の建築家・デザイナーが活躍することは皆無で、ゆえに妹島さんの活躍は鉄道の新時代を予感させるものだった。

 西武特急「Laview」のデザインを手がけた妹島さんだが、西武が新型特急のデザイナーに妹島さんを起用したのは、単なる話題づくりではなく、偶然の産物でもない。

関連キーワード

関連記事

トピックス