• TOP
  • スポーツ
  • DeNA・浜口遥大に聞く「自分の勝ち星を消されたらどう思う?」

スポーツ

2020.03.16 07:00  NEWSポストセブン

DeNA・浜口遥大に聞く「自分の勝ち星を消されたらどう思う?」

◆「勝ち星」は「運」という割り切り方

森高:僕は昔のほうが今よりも自分の勝ち星に拘るピッチャーが多かったような気がするんです。勝ち星への執念というか……。
浜口:どうですかね……今は自身の勝ち星よりも、最終的にチームの勝利を最優先に考えるほうが多いかもしれませんね。あるいは投手分業制による各々の役割をこなしたり、別の方向に意識がシフトしてますね。
森高:やっぱり勝ち星がつくのは「運じゃないか」っていう割り切り方が、今のピッチャーのほうがあるんですかね?
浜口:それはかなり強いと思います。やはりピッチャーの勝ち負けというのは、自分で操作できない部分が大きいので。
森高:僕が今回描こうとしてるのは非科学的というか、野球の試合における「流れ」を人間の力でコントロールして勝ち星を挙げようという漫画だから、ちょっとSFがかってるんです。
浜口:でも究極のピッチャーってそういうことだと思います。試合を自分でコントロールできるっていうのは一番凄いピッチャーですよね。
森高:今、僕が描いている『グラゼニ~パ・リーグ編~』(週刊モーニング連載中)では、先発投手は勝ち星はともかく、まずは6回3失点でいいじゃん、という割り切り方をしています。それが今の野球じゃないか、というテーマで。でも『ハーラーダービー』では、その流れに逆らって「投手にとっては自身の勝ち星が第一だ」と。
浜口:なるほど。出来れば『ハーラーダービー』では、「投手が試合を支配する感覚」……みたいなものを読んでみたいです。自分にとっても何かのヒントになるかもしれないです。
森高:頑張ります。浜口選手もシーズンのご活躍、期待してます!
浜口:ありがとうございます、頑張ります!

「ピッチャーの勝ち負けは自分で操作できない部分が大きい」と語る

「ピッチャーの勝ち負けは自分で操作できない部分が大きい」と語る

【プロフィール】
◆浜口遥大(はまぐちはるひろ、浜口の「浜」は正式には「濱」の異体字)/1995年3月16日生まれ佐賀県出身。横浜DeNAベイスターズに所属する左腕投手。2016年ドラフト1位で入団。初年度からいきなり二桁勝利を挙げる。同年の日本シリーズでは、ソフトバンク相手に8回1死まで無安打無得点の快投を見せ、新人特別賞を受賞。

◆森高夕次(もりたかゆうじ)/1963年長野県生まれ。スペリオールでの前作は『江川と西本』(画/星野泰視)。『グラゼニ』で第37回講談社漫画賞を受賞し、現在は『グラゼニ~パ・リーグ編~』を連載中。また、コージィ城倉名義で『プレイボール2』『キャプテン2』も連載中。

※ビッグコミックスペリオール8号(2020年3月13日発売号)より

関連記事

トピックス