国際情報

中国政府のイラン・イラクへのコロナ支援巡り世論は二分

コロナの猛威は止まらない

 中国政府は新型コロナウイルスに感染して200人以上の死者を出しているイランと、50人以上の感染者が出ているイラクに医療チームを派遣するとともに、WHO(世界保健機関)に新型肺炎への予防や治療などのために2000万ドルの支援金を拠出した。

 これに対して、中国のネット上では「いくら友好国だとはいえ、外国に医療チームを送る前に、武漢での感染を阻止することが先決だ」との声があがる。その一方で、「イラン、イラクは新型ウイルスの対処方法が分からないのでないか。中国では感染者が減っているので、他の国の支援も考えるべきだ」との意見もあり、政府の対応について世論が割れているようだ。

 イランでは3月12日現在、新型コロナウイルス感染者数は、累計で1万75人に達した。死者も429人となった。イランは中東で最も被害が深刻で、世界でも中国、イタリアに次いで、3番目に感染者数が多い。

 イランは中国と古くからの友好国であることから、中国政府は先月から医療チームを派遣しているが、感染者数は拡大する一方で、治療は後手に回っている状況だ。このため、中国は第2陣の医療チームを派遣することも検討しているという。

 やはり中東で中国の友好国であるイラクでは12日の時点で61人のコロナウイルスが確認され、そのうち6人が死亡している。感染被害は軽微といえるが、今後拡大することも考えられることから、イラク政府は中国指導部に医療チームの派遣を要請。これを受けて、中国疾病管理予防センターの7人の専門家で構成される医療チームが7日の夜にバグダッドに到着。患者の検査、治療、フォローアップケアを支援するために1か月間、イラクに滞在する予定だ。

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン