• TOP
  • 芸能
  • 水卜麻美アナ「食いしん坊キャラ」が視聴者から愛される理由

芸能

2020.03.27 16:00  NEWSポストセブン

水卜麻美アナ「食いしん坊キャラ」が視聴者から愛される理由

「庶民派女子アナ」という新ジャンルを確立(時事通信フォト)

「ごはん食べたい。」という8文字が大きな反響を巻き起こした。日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、今年2月に自身のTwitterアカウントを開設したのだ。2ツイート目は「ごはん食べた。」だった。
 
 アイコンは肉と米のストライプ。ヘッダーはウニとイクラのコラボレーション(*注)。食に対する興味関心を前面に押し出したTwitterアカウントは、“ミトちゃん”として親しまれてきた彼女の魅力を大いに物語っている。

【*注/Twitterの「アイコン」は、アカウント名とともに表示されるプロフィール画像。同「ヘッダー」はTwitterのプロフィールページ上部に表示される画像】

 慶応義塾大学文学部を卒業後、2010年にアナウンサーとして日本テレビに入社。就職活動では複数の民放他社も受けたものの入社試験を突破できなかったという。だがアナウンサーとしての資質は十分に備わっていた。

 翌2011年3月に『NNNニュースサンデー』に出演し、地上波で初めてニュース番組を担当。同月にスタートしたお昼の情報バラエティ番組『ヒルナンデス!』ではレギュラー出演を果たすこととなった。

 毎日のようにお茶の間に登場するようになった彼女は、あふれる笑顔と気取らないおおらかな性格、そして料理をとにかく美味しそうに食べる“食いしん坊キャラ”で、またたく間に人気を獲得していった。親近感がありながらアナウンサーとしての実力も高く、それがまた人気に拍車をかけていった。

 落ち着いた雰囲気の正統派アナウンサーでもアイドル化した女子アナでもない彼女の存在は、“庶民派女子アナ”という新たなジャンルを確立したと各所で言われている。ORICON NEWSによる「好きな女性アナウンサーランキング」では、2013年から2017年にかけて5年連続で1位を獲得。元フジテレビの高島彩アナに続き、史上2人目の殿堂入りとなる快挙を成し遂げた。

関連記事

トピックス