芸能

韓国映画のすごさ、軍事政権・南北問題・経済危機など題材豊富

ソン・ガンホ(53才)。大作にこの人あり。韓国を代表するアクの強い名優(写真/アフロ)

 韓国映画・『パラサイト』が第92回アカデミー賞作品賞をはじめ、各国の映画賞を総なめにし、韓国映画に世界中から注目が集まっている。その背景には、「映画産業が活性化されるさまざまな下地が国家レベルできている」と、作家の康熙奉さんは語る。

「金大中政権以降のこの20年で、国家は人材育成など映画産業に対する支援を行い、企業も積極的に投資。各自治体も非常に力を入れて撮影所などを作っています」(康さん・以下「」内同)

 さらに、「隣の家の持っている箸の本数まで把握している」と揶揄されるほど、他人に対する関心が強い国民性も、映画やドラマの高い人気につながっているという。

「2019年の韓国での観客動員総数は約2億2000万人といわれていて、国民が5200万人ですから、だいたい1人平均年4本は映画を見ていることになります。動員数1000万人を突破した映画もやたらと出ている。すごいですよね(笑い)。外国作品を除いた国内作では、これまでに19本が1000万超え。

 2019年は『パラサイト』と『エクストリーム・ジョブ』の2本でした。鑑賞料が日本の半額程度と比較的安く、家族やカップルの娯楽として定着し、シネコンの発達という映画環境が整っていることも大きいです」

 さらに康さんは韓国は日本や諸外国に比べて、映画の題材に恵まれているともいう。

「『シュリ』(1999年)以降は北朝鮮との敵対関係をうまく題材として生かしたスパイアクションやミステリーを作り、『1987、ある闘いの真実』や『タクシー運転手 約束は海を越えて』(ともに2017年)などの、戦後の長い軍事政権から民主化までを取り上げた作品や、さらに1997年、外貨が底をついて国家が破綻しかけた危機を描いた『国家が破産する日』(2018年)など、映画のテーマには事欠かきません。

 特に1997年の経済危機は、『パラサイト』でも取り上げられた格差問題など、いまの韓国に非常に大きな影響を与え、国を激変させる契機となった事案なので、現在の韓国社会を知ることができる作品です」

◆ザ・ムービースターがけん引する映画界

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン