芸能

志村けんさん 最後の番組収録と最後のガールズバーでの夜

夜遊びを愛していた志村さん

 タレントの志村けんさんが3月29日、新型コロナウイルス感染による肺炎のため亡くなった。70才だった。

 その翌日となる3月30日、小池百合子東京都知事は緊急会見を開き、ナイトクラブやバーなど、「接客を伴う飲食の場で感染を疑う事例が多発している」と警鐘を鳴らした。いわゆる、“夜の街クラスター(感染者集団)”が急激な流行を招いているという懸念だ。

 志村さんの感染ルートは明らかになっていないが、志村さんが夜の街での豪快な遊びを愛していたのは、芸能界ではよく知られていた。

「芸能人や著名人の知り合いが多く、東京・六本木や麻布十番などの繁華街で飲み歩く姿は有名でした。食事の前にはその界隈にある岩盤浴や高級スパに通うのが“日課”でした。

 新型コロナのことは気にしてはいましたが、まさか自分が感染するとは微塵も思っていなかった。2月末には銀座の有名クラブで盛大にパーティーまで開いてましたから」(志村さんの知人)

 志村さんが最後に仕事に臨んだのは3月10日、『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)の収録だった。その日の夜も、志村さんは街に繰り出した。

「何軒かハシゴした後、麻布十番にある行きつけのガールズバーに顔を出しました。志村さんがもう10年以上通っていた、大のお気に入りの店です。その夜もいつもの調子で愉快に焼酎を飲んでいましたが、その日の来店が最後になってしまった」(近隣の飲食店関係者)

 志村さんが通った飲食店やマッサージ店の一部は、志村さんの感染発覚後、一時休業や改装工事などに入ったところもあった。

 いまにして思えば、志村さんは肺炎が重症化するリスクファクターを多く抱えていた。

 近年まではたばこも大量に吸っていた。過去に何度も胃潰瘍を経験して2016年には肺炎を患い、今年1月には胃のポリープを除去する内視鏡手術を受けていた。血液内科医の中村幸嗣さんは説明する。

「アルコールを多く飲み、不規則な生活を続けていると肺炎になったときに闘う体力が弱くなります。何より、最大のリスクは『年齢』でした。志村さんは年齢の割には体力もあり、活動的だったとはいえ、もう70才。新型コロナの感染者の重症化率は、高齢者が圧倒的に高いのです」

※女性セブン2020年4月16日号

2018年、麻布十番を女性と歩く志村さん

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン