• TOP
  • 芸能
  • 紗綾が語る、近未来なテクノスポーツ「HADO」の魅力

芸能

2020.04.03 16:00  NEWSポストセブン

紗綾が語る、近未来なテクノスポーツ「HADO」の魅力

HADOにはまっているという紗綾

HADOにはまっているという紗綾

 デビュー15周年を迎えた紗綾。11歳でデビュー後、グラビアや女優として人気を博し、出身地の福岡県北九州市特命観光大使としても活動している。そんな紗綾が今ハマっているスポーツがあるという。

「HADO(ハドー)という、バーチャルリアリティ(VR)と拡張現実(AR)を取り入れた新感覚のテクノスポーツにハマっています。『芸能界HADO部』のメンバーにも入っているんですよ。私はやり始めたらとことんやりたい、負けず嫌いな性格なので、暇さえあればHADOの試合動画を見て研究しています」

 HADOとは、拡張現実の世界でビームや魔法を撃って対戦できるARスポーツ。プレイヤーは頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にはアームセンサーを装着。AR技術とモーションセンシング技術により、身体を動かして、手から「エナジーボール」を射出して相手を攻撃したり、腕を振り上げてバリアを作って防御したりすることができる。80秒間で点数を取り合う、ドッジボールが進化したようなゲームだ。3対3のチームにわかれて魔法バトルを繰り広げる“テクノスポーツ”で、専用スペースで行うことができる。

「エナジーボールとバリアを駆使して、相手プレイヤーのライフを削りながら勝利を目指すのですが、意外とハードなスポーツなんですよ。私はもとも身体を動かすことが好きなんです。以前は週2~3回ジムへ行ってウエイトトレーニングをしていました。今は気が向いたらランニングで10キロくらい走ります。基礎体力を上げて、練習して、いつかHADOワールドカップに出場できることを夢見て頑張っています」

 芸能活動と並行して近未来スポーツにもチャレンジする紗綾に注目だ。

【プロフィール】SAAYA/1993年11月15日、福岡県生まれ。身長151センチ。最新トレカ『紗綾15th Anniversary』が発売中。4月1日から、グラビアサイト『ビジュアルウェブS』(http://visualweb.youngsunday.com/)にも登場中。

水着姿がまぶしい

水着姿がまぶしい

ビジュアルウェブSにも登場中

ビジュアルウェブSにも登場中

関連記事

トピックス