芸能

佐藤健は取材時に“神対応” メロメロになる女性記者続出

このスマイルにやられる人が続出

 NHKの朝ドラ『半分、青い。』で、冷静な判断と細かな気配りができる男「律」を演じたかと思うと、『義母と娘のブルース』(TBS系)では、一途に恋するやんちゃなパン屋の店長「麦田」を熱演。そして、大ヒットとなった『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)でドS発言を連発しながらも彼女を見守り続ける医師「天堂」役が大ブレイク!

 作品によって変幻自在に姿を変える俳優・佐藤健(31才)に、心を奪われる人が続出中だ。そこで、佐藤健の意外な素顔に迫る。

◆成人式では“花魁コスプレ”の女性と一緒に

 中学時代から抜群の成績のよさで秀才といわれていた佐藤は、埼玉県立越谷北高校普通科に入学。偏差値65を超える進学校だ。勉強ができる上にカッコいいとなれば、モテモテの“リア充生活”かと思いきや、実際はそうでもなかったようだ。

「中学時代は背も小さかったし、勉強ばかりしているタイプでモテる感じではなかったですよ。それに、岩槻はヤンキーが幅を利かせているような土地柄(笑い)。不良っぽい子が目立ったりモテたりしていたので、ヤンキーとは無縁だった佐藤くんは、どちらかというと目立たないおとなしい雰囲気に見えていました」(高校時代の知人)

 しかし、芸能界デビュー後、佐藤はプライベートでも一気に開花する。

「さいたまスーパーアリーナで行われた成人式には、ホストのようなド派手なラメ入りスーツに、色付きめがねで出席。しかも、肩を露出した花魁のようなコスプレをした女性と一緒でした(笑い)。ちょうど『仮面ライダー電王』でブレークした頃だったので、同級生だけでなくやじ馬もたくさん集まって、大騒ぎでした。

『仮面ライダー電王』で演じていたのは気弱で繊細な主人公だったのですが、成人式での佐藤くんは、服装も態度もずいぶんと派手だったので、いままでとのギャップがありすぎて、みんな驚いていました」(前出・高校時代の知人)

◆取材記者がノックダウンの伝説

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト