芸能

志村けんさん、子供を授かっていた過去「共演したかった…」

著書で子供について告白していた志村けんさん(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した、志村けんさん(享年70)。未婚を貫き子供をもうけることはなかったが、晩年に「子供への思い」をより強めていたことは、本誌・女性セブンを含めて複数のメディアが報じてきた。その背景には、あまり知られていない過去が影響している。

 実は2002年に発売された著書、『変なおじさん【完全版】』(新潮文庫)で、志村さんはある事実を告白している。

《何かの拍子に子供ができちゃった。まだ子供なんかふざけんなっていう時代だったから、どうしようかって困ってしまい、向こうの親にもさんざん怒られた。結局、オヤジの退職金の残りをおふくろから借金して、それで先方に謝りに行ってなんとかおさめてもらった》

 これは志村さんが19才、ザ・ドリフターズの付き人時代の出来事だという。当時を知る志村さんの知人が言う。

「そのとき、志村さんは16才の専門学校生と交際していて、初めての同棲生活を送っていたそうです。同棲してすぐに子供を授かったのですが、当時の志村さんの月給は1万5000円ほど。法律的には結婚できる年齢ですが、付き人の生活と給料では育てられないと悩んだ。彼女と相談して諦めたんです。ほどなくして、その女性とも終わってしまってね…。その後、志村さんがこの話題を口にすることはなかった」

 24才でザ・ドリフターズの正式メンバーになると、人気が沸騰。多忙な生活を送る中、女性と交際する機会はあったが、長くは続かなかった。コメディアンとして、お茶の間に笑いを届ける“仕事人”に徹した。心境の変化が起きたのは、50才前後だという。

2018年、麻布十番を女性と歩く志村さん

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン