「ジャニーさんはどんどんアイディアが浮かんでくるので、公演直前に演出や振付を変えることもよくありました。でも、何を要求しても、少年隊は必ず応えていた。だから、信頼感があったのでしょうし、プロデューサーとしてすごく面白かったのだと思います」

 東山紀之は自著で〈ジャニーさんほど芸に厳しい人もいない。実は、僕はジャニーさんにほめられた記憶がほとんどなく、叱られ通しで今日に至ったという感がある〉(『カワサキ・キッド』朝日新聞出版、2010年6月発行)と振り返っているが、それも期待の裏返しだったのだろう。

 その証拠に、少年隊には何人もの一流の振付師が付いた。山田卓、西条満、名倉加代子、三浦亨、ボビー吉野など日本を代表する面々に加え、舞台『PLAYZONE』では1986年にマイケル・ピータース、1999年、2000年にトラヴィス・ペイン、2006年にヴィンセント・パターソンと、マイケル・ジャクソンの作品を手掛けた逸材とコラボレーションした。

「先生によって振付のテイストは違うので、普通は担当が変わると、対応に時間が掛かります。得意なダンスはすぐ覚えられても、苦手なダンスは思うようにはできない。でも、少年隊はどんな種類のダンスでも、すぐに習得してしまう。ボビーさんが1、2回お手本を見せただけで振付を覚えていました。半端ない早さなんです」(木野)

 少年隊なら要求に応えられるという確信があったからこそ、ジャニー氏はマイケルの振付師を招聘したのだろう。そんな“歴代最強グループ”も、2006年7月の『想 SOH』を最後に新曲発売はなく、2008年に舞台『PLAYZONE』が終了して以降、ほとんど活動していない。『PLAYZONE』最終年、少年隊の今後を3人はこう述べていた。

〈死ぬまでやります〉(東山)
〈やめてくれって言われなければ〉(錦織)
〈少年隊というものを一番大事にして、また新しい形に作り上げていきたい〉(植草)(以上、2008年7月7日・日刊スポーツ)

関連記事

トピックス

新CMの発表会に登壇したデヴィ夫人
【過去には金銭トラブルも】デヴィ夫人 「新CM会見」常識破りの「猫耳大サービス」
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン