芸能

RAD野田、山崎育三郎ら“本物”続々、音楽ドラマ加速『エール』

朝ドラに出演している野田洋次郎

 数々の名曲を手掛けた作曲家古関裕而氏とその妻をモデルにしたNHK連続テレビ小説『エール』。ミュージカル俳優など、多くのミュージシャンがキャストとして登場し、ドラマを盛り上げている。音楽ドラマとしての魅力が加速する『エール』について、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 民放の春ドラマが延期に追い込まれる中、3月30日のスタートから順調に放送を重ねて視聴者を喜ばせている朝ドラ『エール』。世帯視聴率もGW前あたりからジリジリと上がり、現在は21%前後の高水準を記録しています。

 加えて、古山裕一(窪田正孝)と関内音(二階堂ふみ)が結婚し、東京で暮らしはじめた5月11日からの第7週は話題性もアップ。RADWIMPSの野田洋次郎さんやミュージカル俳優の山崎育三郎さんが登場し、さっそく野田さんに弾き語りのシーンがあるなど、いよいよ同作のコンセプトである音楽ドラマに本格突入した感があります。

 実際、これまでは恩師役で森山直太朗さんが出演していたものの、音楽シーンは子役や、二階堂ふみさん、柴咲コウさんなどの歌唱力がある俳優ばかりだっただけに、野田さんらの登場で一気にシフトチェンジしたのではないでしょうか。

◆ミュージカル界のスターが次々に登場

 2人以外にも音楽系のキャストは多く、12日放送の第32話には音のライバル・夏目千鶴子役で小南満佑子さんが出演。小南さんは10歳のときから世界を目指して声楽を学んできたミュージカル女優でこれがドラマ初出演であり、何回かオペラアリア(独唱曲)を歌うシーンがあるそうです。

 また、同様にミュージカル界のスターとしては、柿澤勇人さんと井上希美さんも歌手役で出演。しかも柿澤さんが演じるのは藤山一郎さんがモデルの山藤太郎、井上さんが演じるのは音丸さんがモデルの藤丸であり、それぞれヒット曲の「丘を越えて」「長崎の鐘」、「船頭可愛や」を歌うシーンがあるようです。

 ちなみに、「丘を越えて」は古賀政男さんがモデルの木枯正人(野田洋次郎)が作曲、「長崎の鐘」「船頭可愛や」は古関裕而さんがモデルの古山裕一が作曲した曲。窪田さん、野田さんが演じる作曲家との出会いで、歌手たちの人生が変わっていく様子が描かれるのでしょう。

 今後も作曲家の裕一が主人公で多くの曲を作っていく物語である以上、それを歌う歌手役が必要。ミュージカル俳優、歌手デビュー済みの俳優、アーティストなどの出演はまだまだ期待できるのではないでしょうか。

 そんな音楽の才能にあふれたキャストたちが演じるのは、当時の超一流たち。「超一流の才能があるからこそ一筋縄ではいかない」という個性派キャラをどう演じるのか? 歌だけではなく、その演技も楽しみのひとつです。

◆ミュージカル発展に貢献した古関裕而

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト