芸能

赤西仁&錦戸亮、温泉でマジ喧嘩からの裸で仲直りの過去

仲良すぎな赤西と錦戸

 新型コロナウイルスの影響で撮影や収録ができず、大ダメージを受けている芸能界で、笑いが止まらないのが赤西仁(35才)と錦戸亮(35才)だ。

 4月9日にYouTubeチャンネル『NO GOOD TV』を開設すると、またたく間に登録者が増え、5月26日現在、約59万人に達した。

「2人は20年来の大親友。2014年に赤西さんがジャニーズ事務所を退所した後も蜜月は続き、昨年9月に錦戸さんが退所した後に、『N/A』という共同プロジェクトで合流。5月にハワイで初ライブを行う予定が、新型コロナで中止となり、代わりに始動したのがYouTubeチャンネルでした」(テレビ局関係者)

 ファンが食い入るように見ているのが、2人の軽妙なプライベートトークだ。

 放送第1回では、番組ロゴをリモート会議。「お前、美術の成績いくつやった?」と聞く錦戸に、「俺、中学行ってないもん」と赤西。「義務教育やぞ」と苦笑いする錦戸だが、「お前も行ってなくない? ずっと俺の家にいたじゃん」と赤西に突っ込み返されると、錦戸は「ギリ2年まで行ってたわ!」と思わず声を荒げた。

赤西とのプライベートトークで沸かせる錦戸

 2人の友情がわかる、こんな“告白”も。友達が少ないと嘆く錦戸のために、赤西は親友の山田孝之(36才)、小栗旬(37才)らのゲストを用意。4人でリモート飲みを始めると錦戸が泥酔してしまう。

 その日、錦戸は小栗と初対面だったといい、赤西から仲よくなれた?と聞かれたが、「(旬くんのこと)すげー好き。たぶんお前(赤西)通して知り合ったから好きやねん。だからお前が好きやねん!」と告白し、赤西も「何、この感じ」と笑顔で答えるのだった。

 とにかくこんな感じで、仲のよい2人のやりとりが見られるのだが、かつて2人には険悪な時期もあったようだ。

「16才ぐらいのとき、錦戸くんが、赤西くんに胸ぐらをつかまれるほどのマジ喧嘩をした、と明かしていました。でも、そこが温泉施設だったようで、裸になりお風呂に入ったことで、仲直りしたとか(笑い)」(2人のファン)

 いまでは「お互いを理解しあっているから喧嘩はない」という。仲よすぎ!

※女性セブン2020年6月11日号

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン