• TOP
  • 国内
  • テラハ事件で考察 匿名で誹謗中傷する者をどう罰するべきか

国内

2020.05.31 16:00  週刊ポスト

テラハ事件で考察 匿名で誹謗中傷する者をどう罰するべきか

女子プロレス界期待の新星だった(写真/GettyImages)

 スキャンダルを起こしたワケでも事件を起こしたワケでもない。ただテレビに出ただけで、なぜ彼女は死に追い込まれなければならなかったのか……数々の炎上を研究してきたネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、すべてのネットユーザーに警鐘を鳴らす。

 * * *
「恋愛リアリティーショー」の『テラスハウス』(フジテレビ系)に出演していたプロレスラー・木村花さん(22)が亡くなった。同番組では男女6人の共同生活を描くが、彼女は気性の激しいキャラとして登場しており、勝手にリングコスチュームを同居人男性に洗濯・乾燥された結果縮んでしまい、彼に激怒する。

 これを見た視聴者からは「お前が早くいなくなればみんな幸せなのにな。まじで早く消えてくれよ」「死ね」などと書かれた。多い日には100件の誹謗中傷があったという。役柄上の荒々しさと激しいキャラを許せないと感じた人間がそれだけ存在したということだ。所属するプロレス団体の代表は、誹謗中傷を書き込み続けた者を特定し、法的措置を取ると宣言している。

 これでいい。目の前にいる人間に対して「死ね」などと言った場合は「なんだオラ!」と抗争になるものだが、ネットであれば何を言ってもいいと安易に考える者が多過ぎる。この手の人間は、誹謗中傷を受けた者がカネと時間をかけて執念の追い込みをして実際に訴えた場合は、「軽い気持ちだった」とのたまう。「死ね」と安易に書く背景には、「自分は視聴者様だから文句を言う権利がある」という意識もある。

 今回も木村さんを執拗に攻撃していた者は軒並IDを削除して逃亡した。ネットにはこいつらに対して「震えて待て」の書き込みもあるが、まさにそうだ。お前がやらかしたことの重大さを今こそかみしめるが良い。

関連記事

トピックス