芸能

風吹ジュンの人生を変えた映画『存在のない子供たち』

風吹ジュンの人生を変えた映画は?

 緊急事態宣言は解除されたものの、引き続き私たちができることは不要不急の外出を控えること。そんないまだからこそ、充実したおうち時間を過ごすために自宅で映画鑑賞はどうですか? 女優・風吹ジュン(68才)に人生を変えた映画を紹介してもらった。

●人生を変えた映画
『存在のない子供たち』(Blu-ray&DVD好評発売中 Blu-ray4800円)
発売元:キノフィルムズ/木下グループ
販売元:ハピネット・メディアマーケティング

『存在のない子供たち』(Blu-ray&DVD好評発売中 Blu-ray4800円) 発売元:キノフィルムズ/木下グループ 販売元:ハピネット・メディアマーケティング

【あらすじ】
 わずか12才で裁判を起こした主人公の少年・ゼイン。訴えた相手は、なんと自分の両親。裁判長から「何の罪で?」と聞かれたゼインは、まっすぐ前を見つめてこう答えた。「僕を産んだ罪」――中東の貧民窟に生まれ、出生届も出されていない少年を襲う“現実”とは。

──この作品を見て、人生はどう変わりましたか?

「ステイホーム期間に鑑賞して、心を動かされた作品です。ジャンルは社会派ですが、ある意味、未知の冒険ドラマのようだと感じました。中東の貧困、移民問題について、ただその世界を“覗く”のではなく、監督が現実ときちんと“向き合って”作られた作品です。

日本で普通に暮らしているだけでは知ることがなかった、中東の人々の暮らし。現在日本にもさまざまな不幸、苦労、不安がうずまく現状ですが、この作品に登場するそれぞれが人間らしくあり、私たちも優しい心や希望、そして愛をしっかり持っていれば、きっとこの迷路のような日々にも終わりがくる…。この映画を見ていると、そう感じます」

──特におすすめのシーンやセリフは?

「冒頭のタイトルシーンで映る空撮の景色が、モザイクアートのようで圧巻!『なんだ、これは?』と、一気に映画の世界に吸い込まれました」

●風吹さんおススメ…この2作品も見逃せない!
『ザ・ライダー』(各配信サイトにて好評配信中 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

『ザ・ライダー』(各配信サイトにて好評配信中 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

 事故で頭部に大けがを負ったカウボーイのブレイディ。なんとか一命はとりとめたものの、体を蝕む後遺症の恐怖と、捨てきれないロデオへの思いの狭間でもがき苦しむ。そんな彼が、新たなアイデンティティーと生きることの意味を見つける物語。

『ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから』(Netflix映画『ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから』独占配信中)

Netflix映画『ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから』独占配信中

 アメフト男子のポールに頼まれてラブレターの代筆をすることになった、成績優秀な女子高生・エリー。でも彼女の心は複雑。なぜなら、エリーもポールと同じ女の子が好きだから! まったく新しい三角関係の青春ストーリー。

【プロフィール】
風吹ジュン(ふぶき・じゅん)/1952年5月12日生まれの女優。近年の主な出演作はドラマ『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日)。第74回毎日映画コンクール・田中絹代賞受賞(2019年度)。近著に『Wind』(宝島社)。

※女性セブン2020年6月18日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン