• TOP
  • 国内
  • テラハ問題 誹謗中傷を投稿する人以上に責任感じるべきは?

国内

2020.06.04 07:00  女性セブン

テラハ問題 誹謗中傷を投稿する人以上に責任感じるべきは?

急逝した木村花さん(写真/Getty Images)

 空中ブランコや富士登山など、体験取材を得意とする『女性セブン』の“オバ記者”ことライター・野原広子(63才)が、世の中の出来事にゆるくツッコミを入れる。今回のテーマは「匿名で誹謗中傷を繰り返すヤツら以上に責任を痛感すべきは…」。

 * * *
「そんなつもりじゃなかったのに」──。プロレスラーの木村花さんが亡くなり、後ろめたさを感じている人はいまなお、そう思っているのではないか。

 インターネット上での途切れることのない誹謗中傷に押し潰されて、22才の木村さんが命を絶った直後から、彼女に罵詈雑言を浴びせた書き込みのアカウントが次々と消されていったそう。心の中で「やべっ」と舌打ちをしてSNSの画面を操作している連中の姿が見えるようではないの。

 本誌・女性セブン2020年6月11日号で詳報されたように、事の発端は去年の9月。人気プロレスラーの木村さんが『テラスハウス』(Netflix、およびフジテレビ系)に出演したことから始まる。東京のシェアハウスで繰り広げられる、男女6人の共同生活を映し出すこの番組には台本が一切なく、「恋愛リアリティー番組」という謳い文句がついていた。

 その中で、キュートな容姿でズバズバものを言う彼女は、すぐに人気者になる。恋愛に不器用なところも好感度アップにつながった。

 風向きが変わったのは2か月ほど前。メンバーの男性が木村さんのプロレスのコスチュームを誤って乾燥機にかけて縮めてしまったことにキレた彼女の様子が炎上。さらに、YouTubeで《“コスチューム事件”その後》と題する未公開映像が追加で配信されたのだ。すると連日、100件を超す「死ね」「消えろ」「気持ち悪い」──もし私が木村さんの身内なら、書き込みしたヤツ、一人ひとりの正体を世間にさらしてやるッ、と思ったに違いない。

 でも、いまもっと腹が立つのは、自分の身を隠して、遠くから吹き矢を吹く卑怯者じゃない。そんな輩はどこにだっているもの。それより許せないのは、木村さんのキャラクターを「おいしい」と舌なめずりして、世間にさらし続けたテレビ局よ。

 制作から宣伝まで、この番組にかかわっておきながら、「そんなつもりじゃなかった」とは言わせないよ。

 誰にとっても、若いときの恋愛は生き死にと一緒。それをテレビのこっち側で寝っ転がってみるのが、面白くないわけがない。特に木村さんのように直球しか投げない子はハラハラして感情移入しやすいのよね。

 だけど、作り手は、ただ私らの興味を引けばいいってもんじゃない。彼女がカッとしてつい口にした言葉を世間にばらまいたらどうなるか、テレビ局が知らないわけがないのよ。それをコントロールなしで世に出すなんて、あってはいけないこと。

関連記事

トピックス