国内

横浜を襲う災難 客船感染、火災、ヒアリで「勘弁してくれ」

「飛鳥II」で火災発生(共同通信社)

 大量の大型コンテナが整然と並ぶ横浜・本牧ふ頭。休憩所や公園のいたるところにこんなポスターが貼ってある。

〈ヒアリが発見されました 見つけても絶対に触らないでください〉

 6月11日、横浜市は本牧ふ頭で約300匹のヒアリが見つかったと発表。すでに営巣している可能性があるとした。

 横浜港と言えば、新型コロナの集団感染が発生した豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス号」が5月16日に出港したばかり。平穏を取り戻した矢先に新たな脅威がやってきた形だ。

「ヒアリは強毒を持つ南米原産の蟻で、刺されると焼けるような痛みが表われ、最悪の場合は呼吸困難や意識障害になる。ヒアリは6月から7月にかけて活発化し、5km以上飛ぶことも分かっています。繁殖力も強く、今後広範囲で発見されていく可能性があります」(昆虫に詳しい琉球大学農学部の辻和希教授)

 さらなる不運も襲った。ヒアリ発見の5日後に横浜港に停泊している大型クルーズ船「飛鳥II」で火災が発生。横浜市消防局と海上保安庁の特殊救難隊が出動し、消火活動にあたった。地元のタクシー運転手が嘆息する。

「このところ横浜はついてないんだ。昨年9月には台風15号でこのあたりの岸壁が壊れて今でも工事をしてるし、うちの会社の車なんか台風の高波で4~5台が水没して即廃車だよ。その後はクルーズ船にヒアリ、火災ともう勘弁してほしい」

 港が平穏を取り戻す日は──。

横浜市ではふ頭に巣穴が(写真提供/横浜市環境創造局)

7mmあるヒアリ(時事通信フォト)

※週刊ポスト2020年7月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン