芸能

綾瀬はるか、韓国スターのノ・ミヌと交際2年も結婚への障壁

結婚へと進むのか

 女優の綾瀬はるか(35才)が、2年に及ぶ極秘交際をしている恋人がいることがわかった。

「実は昨年末頃から、綾瀬さんが東京五輪後に結婚するという話が出回っていました」とは、芸能関係者。

「彼女は複数の五輪スポンサーのCMに出ていて、いわば五輪の顔の1人です。そのため、五輪が終わるまでプライベートの変化はご法度。今年早々に結婚について報じようとしていた一部メディアもあったのですが、結局表には出ませんでした」(芸能関係者)

 しかし、五輪の開催が不透明になるにつれ、綾瀬を取り巻く状況も変わっていく。

「五輪延期が発表され、関係者の間では、結婚も延期かと囁かれていました。ただ、日を追うごとに中止の可能性も出てきている。そこで、五輪を待たずに結婚するか、婚約を発表するという説も出ています」(前出・芸能関係者)

 これまで綾瀬には、恋の噂はほとんどなかった。時折、交際相手として名前が挙がるのは松坂桃李(31才)や大沢たかお(52才)など、ドラマや映画の共演者ばかり。スキャンダラスな話は聞こえてこない。

「共演者との交際が取り沙汰されてきたからといって、“共演者キラー”というわけでもないんです。綾瀬さんは、交友関係を積極的に広げることにあまり関心がないようで、交際に発展するほど仲よくなるとしたら共演者くらい、という時期が長かったんですよ」(映画関係者)

 その一方で、結婚願望は前々から明かしており、いまから5年前の雑誌のインタビューでは、《34才ぐらいまでに結婚したいな》と語っている。今年3月に35才になった綾瀬は、34才になる少し前から、人知れずその相手をたぐり寄せていた。

 誰もが想像していなかったが、その相手は韓流タレントだ。その正体を詳述する前に、韓国での綾瀬の人気ぶりを知る必要があるだろう。

「2007年のドラマ『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)の“干物女”としてその名を知られ、その後も、映画『今夜、ロマンス劇場で』やドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)で、人気を確実なものとしてきました。特に“ぎぼむす”では、綾瀬さんの話す敬語やビジネスの常套句が、日本語の勉強になると評判でした。2012年には韓国の人気俳優が“綾瀬さんといちばん共演したい”と口にしたことから、韓国の検索サイトで“綾瀬はるか”がトレンド1位になったこともありました」(韓流に詳しいジャーナリスト)

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン