芸能

綾瀬はるか、韓国スターのノ・ミヌと交際2年も結婚への障壁

ロングヘアー、細く長い足のミヌ(写真/ゲッティイメージズ)

 その相手の男性も同様に、綾瀬に対して憧れの思いを持っていたという。海の向こうにいる憧れの女優の心を射止めた韓流タレントの名は、ノ・ミヌ。34才。185cmの長身と、ロングヘアがトレードマークの端正な顔立ちをしたイケメンだ。

 ミヌは、もともとミュージシャンとして2004年にデビュー。ロックバンドではドラムを担当し、2年後に脱退した後は、俳優やモデルとして活躍している。

「昨年、連ドラで演じた連続殺人犯が、彼のどこか冷ややかなルックスと合致して話題になりました。インタビューでは恋愛観も明かしていて、『恋愛は世界一難しい。年齢を重ねると、運命の人に出会うのが難しくなっているように感じる』などと話していました」(前出・韓流に詳しいジャーナリスト)

 世界一難しいその問題を、どのように解いたのだろうか。

「交際が始まったのは、2年ほど前のこと。綾瀬さんの活躍を知っていたミヌからのアプローチで、共通の知人が引き合わせたんです。ミヌは2016年10月から2年間、兵役に就いていて、除隊は2018年7月のことで、本格的な交際は除隊後から。ミヌの芸能活動の基盤は日本で、除隊直後から日本でファンミーティングも行っていました。韓国へは頻繁に帰っていましたが、綾瀬さんも多忙な時間を縫って愛を育んでいたようです」(ミヌの知人)

 ふたりの交際について、綾瀬の事務所は、「友人ですがそれ以上の関係ではありません」と答え、交際を否定。

 一方、かつて日本で歌手活動をしていたミヌの母親で事務所社長は、

「え、なんで…。突然のことで戸惑っていますが、私生活については私の口から話すべきところではないので」

 と動揺を隠さなかった。綾瀬の知人によると、自由に会えない分、気持ちは盛り上がっているという。

「彼と結婚したいとごく親しい人には相談しています。国籍のハードルはありますが、韓国の人気ドラマ『愛の不時着』のように、ふたりならどんな障壁も乗り越えられると、かなり夢中な様子です。あんな綾瀬さんは珍しい。そんな綾瀬さんの気持ちに押されて、ミヌも結婚への決意を固めたようです」

 が、ふたりの前に広がる道は決して平坦なものではない。日韓の芸能人同士による国際結婚となると、なおさらだ。

「2014年に関根麻里さんがソウル出身の歌手Kさんと結婚したときには、さまざまな反応がありました。ちょうど日韓関係が冷え込んでいた時期でもあったため、ネットなどでは関根さんへのバッシングも起こりました。今回のふたりの交際も、互いの国を刺激しかねない。隠していた裏にはその配慮もあるようです」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
【相続の備え】お盆こそ親子で話せる絶好の機会、事前に話し合っておくべきこと
【相続の備え】お盆こそ親子で話せる絶好の機会、事前に話し合っておくべきこと
マネーポストWEB