• TOP
  • 芸能
  • ハロプロが“観客あり”コンサート 徹底した感染対策の全貌

芸能

2020.07.13 16:00  NEWSポストセブン

ハロプロが“観客あり”コンサート 徹底した感染対策の全貌

東京・中野サンプラザにて約4か月ぶりに開催されたハロプロ公演。いつもの公演時と比べて開場前に集まるファンの数は少なかった

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、コンサートや舞台などの公演ができない状況が続いていたエンタメ業界だが、いよいよ通常を取り戻すべく動き始めている。

 7月11・12日には、東京・中野サンプラザにて、ハロー!プロジェクト(ハロプロ)のコンサートツアー『Hello! Project 2020 Summer COVERS ~The Ballad~』がスタートした。2月末以降、観客を入れてのコンサートやミュージカルなど、すべての公演が中止または延期となっていたハロプロにとって、観客を入れての公演は約4か月ぶりとなる。

 現在、モーニング娘。’20、アンジュルム、Juice=Juice、つばきファクトリー、BEYOOOOONDSの5グループが所属しているハロー!プロジェクト。毎年、夏と冬に開催されるハロプロ全体のコンサートツアー(通称ハロコン)では、全グループが全公演に出演するのが基本となっている。しかし、“コロナ後”での初開催となった今回のハロコンでは、感染予防のためにできるだけステージに登場するメンバーの数を減らすという理由もあり、5グループ52名のメンバーをシャッフルして、Aチーム、Bチーム、Cチームの3組に分け、それぞれのチームによる公演となった。

 また、観客における感染対策も万全だ。マスク着用、着席での鑑賞となっており、タオルを振ったり、声援を贈ったりすることも禁止されている。そんな事情もあり、“盛り上がることができない”状況で楽しめるコンサートということで、グループによる楽曲披露はなく、メンバーがJ-Popを中心としたバラード曲をソロでカバーするという内容となっている。

 今回のハロコンについて、アイドル事情に詳しいエンタメライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「アイドルのコンサートは、ペンライトを振ったり、コールを入れたりするファンとともに盛り上がるものですが、感染予防ということを考えるとその楽しみ方そのものを見直さなければならない。かといって、盛り上がる楽曲を披露しているのに、ファンに対して“黙って観ていなさい”というのも酷な話です。そういった状況で楽しむことができる内容として、“ソロでバラード曲をカバーする”というアイディアが出てきたのでしょう」

関連記事

トピックス