芸能

ハロプロが“観客あり”コンサート 徹底した感染対策の全貌

東京・中野サンプラザにて約4か月ぶりに開催されたハロプロ公演。いつもの公演時と比べて開場前に集まるファンの数は少なかった

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、コンサートや舞台などの公演ができない状況が続いていたエンタメ業界だが、いよいよ通常を取り戻すべく動き始めている。

 7月11・12日には、東京・中野サンプラザにて、ハロー!プロジェクト(ハロプロ)のコンサートツアー『Hello! Project 2020 Summer COVERS ~The Ballad~』がスタートした。2月末以降、観客を入れてのコンサートやミュージカルなど、すべての公演が中止または延期となっていたハロプロにとって、観客を入れての公演は約4か月ぶりとなる。

 現在、モーニング娘。’20、アンジュルム、Juice=Juice、つばきファクトリー、BEYOOOOONDSの5グループが所属しているハロー!プロジェクト。毎年、夏と冬に開催されるハロプロ全体のコンサートツアー(通称ハロコン)では、全グループが全公演に出演するのが基本となっている。しかし、“コロナ後”での初開催となった今回のハロコンでは、感染予防のためにできるだけステージに登場するメンバーの数を減らすという理由もあり、5グループ52名のメンバーをシャッフルして、Aチーム、Bチーム、Cチームの3組に分け、それぞれのチームによる公演となった。

 また、観客における感染対策も万全だ。マスク着用、着席での鑑賞となっており、タオルを振ったり、声援を贈ったりすることも禁止されている。そんな事情もあり、“盛り上がることができない”状況で楽しめるコンサートということで、グループによる楽曲披露はなく、メンバーがJ-Popを中心としたバラード曲をソロでカバーするという内容となっている。

 今回のハロコンについて、アイドル事情に詳しいエンタメライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「アイドルのコンサートは、ペンライトを振ったり、コールを入れたりするファンとともに盛り上がるものですが、感染予防ということを考えるとその楽しみ方そのものを見直さなければならない。かといって、盛り上がる楽曲を披露しているのに、ファンに対して“黙って観ていなさい”というのも酷な話です。そういった状況で楽しむことができる内容として、“ソロでバラード曲をカバーする”というアイディアが出てきたのでしょう」

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン