芸能

コロナによる外出自粛でブレイクした「第4次韓流ブーム」

“いま最も注目されるガールズグループ”といわれる『NiziU』

 いま、日本は「第4次韓流ブーム」に沸いている。火付け役となったのがドラマ『愛の不時着』と『梨泰院(イテウォン)クラス』で、ブームの決定打になったのがK-POPアイドルのオーディションに密着した『Nizi Project』といわれる。新型コロナウイルス感染拡大によって外出を制限され、テレビはもちろん、NetflixやYouTubeなどの動画配信サービスを見る時間が増えたことが追い風となった。

「韓流のことはよくわからない」という人でも、約15年前に社会現象を巻き起こした「ヨン様ブーム」は覚えているだろう。“微笑みの貴公子”が“おばさま”たちのハートを鷲掴みにしたあの当時が「第1次韓流ブーム」と呼ばれ、衰退と新たなスターの登場を繰り返しながら韓流ブームは形を変えてきた。

「スポーツソウル」日本版編集長を務める慎武宏さんは言う。

「最初に『冬のソナタ』でぺ・ヨンジュンがブレークしたとき、ちょうど日本では多摩川(東京)に出現したアザラシのタマちゃんが流行っていた。ぼくは正直、韓流ブームもタマちゃんのように一過性で終わると思っていましたが、続いて『宮廷女官チャングムの誓い』などのドラマが人気になって、東方神起などのアイドルグループも登場した。2012年に李明博大統領(当時)が竹島に上陸する騒動が起こると、一気に『嫌韓』が台頭しブームが冷え込みましたが、結局、見事にV字回復したことに驚きを隠せません」

 ヨン様ブームの時代から韓流を追いかけ続ける「韓国ウオッチャー」の児玉愛子さんは、この十数年で韓流ファンを取り巻く環境は大きく変わったと話す。

「『冬ソナ』時代は情報を集めるために韓流雑誌を買っていましたが、インターネットやSNSの普及で新しい情報を手軽に集めることができるようになりました。レンタルショップにDVDを借りに行かなくても配信サイトで気軽に楽しめますし、幅広い年齢の人がコンテンツに触れられるように変化を遂げました」

関連記事

トピックス

中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン