芸能

長寿番組『笑点』、“小遊三の下ネタ率”から分かる番組の変化

三遊亭小遊三(後列右から2人目)の下ネタ率は17年前と比べて倍増していた(時事通信フォト)

 1966年開始の『笑点』(日本テレビ系)は、今年で55年目に突入した。現在も続く番組の中では『NHKのど自慢』(NHK)、『題名のない音楽会』(テレビ朝日系、途中8ヶ月間休止あり)、『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)に次いで4位の長寿番組になる。主な理由として、「時間帯の変更なし」「家族3世代で視聴可能」「メンバーの明確なキャラクター付け」などが挙げられている。

 一方で、マンネリとも批判される番組はどうして人気を保てているのか。笑点研究家で、ライターの岡野誠氏が『三遊亭小遊三の下ネタ』を詳細に分析しながら、“目に見えない変化”を考察する。

 * * *
 一時よりも、三遊亭小遊三の下ネタが増加し、存在感も強くなっているのではないか──。今年の『笑点』を見ていて、こんな考えが頭に浮かんだ。

『笑点』メンバーで、司会者に1番近い位置に陣取る小遊三には、主に『下ネタ』『イケメン・キザ』『泥棒』という3つのキャラクターがある。毎週のように、これらの個性を押し出しているイメージがあるが、実際にはどのネタを最も答えているのだろうか。

 今年1月5日から8月23日まで『笑点』の大喜利は26回放送され(※)、小遊三は128回答、1オンエア平均4.92(小数点3位以下を四捨五入)となっている。

【※8月23日『24時間テレビ』内の『チャリティー笑点』では通常の大喜利(座布団運びに佐々木希)、『24時間テレビ』パーソナリティー(V6井ノ原快彦、NEWS増田貴久、Kis-My-Ft2北山宏光、ジャニーズWEST重岡大毅、King&Prince岸優太)との対抗大喜利と2度あった】

『デジタル大辞泉』(小学館)によれば、下ネタは「性や排泄に関する話題」という意味で、“しも”は下半身の意だという。この定義を元に『下ネタ』に当てはまるかを総合的に判断しながら、3つの回答数を調べると、以下のようになった(※パーセンテージは小数点2位以下を四捨五入。以下同)。

【1位】下ネタ:51回(39.8%)
【2位】イケメン・キザ:13回(10.2%)
【3位】泥棒:11回(8.6%)

 主要3つのキャラネタが58.6%に上り、実に下ネタは全体の約4割を占めた。今年、小遊三が下ネタを言わなかったのは4週だけ。最も多かった週は4回(1月12日、5月3日)、最も高い確率の週は75%(4回答中3つ。5月10日、7月26日)にも及ぶ。5月24日から6月7日にかけては、5連発したこともあった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン