• TOP
  • 国内
  • 変声期に差し掛かる悠仁さま 夏休みは皇居でヤゴの観察

国内

2020.09.12 07:00  女性セブン

変声期に差し掛かる悠仁さま 夏休みは皇居でヤゴの観察

大の「カメラ好き」の秋篠宮さまから、悠仁さまはカメラの“指導”を受けられたという(8月10日、東京・港区 写真/宮内庁提供)

 新型コロナ対策のため、約150日にもおよぶ「おこもり生活」を続けられた上皇后美智子さまが、長い沈黙を破り、外に出られる決心されたという。昨年、立て続けに手術を受けられたため、検診のために宮内庁病院に通われるのだという。

 通院とはいえ、久しぶりの外出は美智子さまにひとときの安らぎをもたらすものになるだろう。しかし一方で、最愛のご家族とは会えない日々が続いているという。

 9月6日、悠仁さまが14才の誕生日を迎えられた。例年であれば天皇皇后両陛下や上皇上皇后両陛下のもとを訪れ挨拶されるが、今年はそれも中止になった。孫の成長を楽しみにされる美智子さまにとって、そのお姿を直接見られない日々は、心配が募るものだろう。だが、そんな心配を打ち消すかのように、悠仁さまは立派に成長されているという。

「近頃、悠仁さまは変声期に差し掛かり、見た目も大人びてきているように感じます。8月6日には、秋篠宮ご夫妻とともに『全国高校総合文化祭』(高知県)の開会式をネットで視聴されるなど、皇族としての務めを果たされています。さらに、夏休み中はおひとりで皇居へ出かけられ、ヤゴの観察をされるなど活発にお過ごしだったそうです。休校となっていたお茶の水女子大学附属中の授業も再開し、所属されている卓球部の活動も楽しんでおられるそうです」(皇室ジャーナリスト)

 誕生日にあわせて公開された写真は、秋篠宮さまとおふたりだけが写るものだった。

「これまでは母の紀子さま、姉の眞子さまや佳子さまとご一緒に写られていました。ですが、悠仁さまももうお年頃。母や姉といつまでも一緒に写ることに、抵抗を感じられたのかもしれません」(前出・皇室ジャーナリスト)

※女性セブン2020年9月24日・10月1日号

眞子さまの結婚問題など悩みのタネは多い(2月7日、東京・千代田区 撮影/JMPA)

関連記事

トピックス