ビジネス

セダンの不人気は今後も続くのか 意外な魅力を体感した3台

長らく乗用車の基本形とされてきたセダン(ホンダ・アコード)

長らく乗用車の基本形とされてきたセダン(ホンダ・アコード)

 車高にゆとりのあるクロスオーバーSUVが世界的に人気を博すのと対照的に、退勢を余儀なくされている4ドアセダン。不調なのはセダンばかりでなく、ハッチバック、ステーションワゴンと、背の低いクルマが軒並み販売不振に陥っているが、長きにわたって乗用車の基本形とされてきたセダンの復権はこの先も見込めないのか──。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏がレポートする。

 * * *
 かつて日本の軽自動車界でスズキが背の高い「ワゴンR」を出したところ、あっという間にスペースを稼ぐための高さ競争が始まり、軽セダン(ハッチバック)がわき役に追いやられたことがあった。今のSUVブームはそのムーブメントの世界版とも言える。

 低車高の乗用車よりスペースを稼ぎやすく、立派に見え、最低地上高にゆとりがあるため悪路や雪道でも有利。1ボックスバンタイプのボディを好まない欧米のユーザーにはその商品性がとりわけ刺さり、一大ブームを形成。それが世界に波及した──というのが現在の状況である。

 そのSUVに押され、フォードが撤退を表明したのをはじめ、各社がセダンのラインナップを縮小するという傾向は加速する一方。数自体はまだ出ているが、人気の低下に伴ってモデルの利益率が落ちているためだ。

 果たしてセダンはクルマとしてそんなにも魅力薄になってしまったのか。筆者はセダンの中でも最大のボリュームゾーンとなっている欧州Dセグメント相当(全長おおむね4.7~4.9m)のセダンで幾度か長距離ドライブを試している。その印象は、セダンとSUVの美点は異なる部分にあり、セダンにも魅力は依然としてある。ライフスタイルや技術トレンドの変化、気候変動に伴う環境性能要求次第で、未来永劫セダンは廃れると決まったわけではない──ということだ。

関連記事

トピックス

眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン