ビジネス

セダンの不人気は今後も続くのか 意外な魅力を体感した3台

長らく乗用車の基本形とされてきたセダン(ホンダ・アコード)

長らく乗用車の基本形とされてきたセダン(ホンダ・アコード)

 車高にゆとりのあるクロスオーバーSUVが世界的に人気を博すのと対照的に、退勢を余儀なくされている4ドアセダン。不調なのはセダンばかりでなく、ハッチバック、ステーションワゴンと、背の低いクルマが軒並み販売不振に陥っているが、長きにわたって乗用車の基本形とされてきたセダンの復権はこの先も見込めないのか──。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏がレポートする。

 * * *
 かつて日本の軽自動車界でスズキが背の高い「ワゴンR」を出したところ、あっという間にスペースを稼ぐための高さ競争が始まり、軽セダン(ハッチバック)がわき役に追いやられたことがあった。今のSUVブームはそのムーブメントの世界版とも言える。

 低車高の乗用車よりスペースを稼ぎやすく、立派に見え、最低地上高にゆとりがあるため悪路や雪道でも有利。1ボックスバンタイプのボディを好まない欧米のユーザーにはその商品性がとりわけ刺さり、一大ブームを形成。それが世界に波及した──というのが現在の状況である。

 そのSUVに押され、フォードが撤退を表明したのをはじめ、各社がセダンのラインナップを縮小するという傾向は加速する一方。数自体はまだ出ているが、人気の低下に伴ってモデルの利益率が落ちているためだ。

 果たしてセダンはクルマとしてそんなにも魅力薄になってしまったのか。筆者はセダンの中でも最大のボリュームゾーンとなっている欧州Dセグメント相当(全長おおむね4.7~4.9m)のセダンで幾度か長距離ドライブを試している。その印象は、セダンとSUVの美点は異なる部分にあり、セダンにも魅力は依然としてある。ライフスタイルや技術トレンドの変化、気候変動に伴う環境性能要求次第で、未来永劫セダンは廃れると決まったわけではない──ということだ。

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン