芸能

コロナで窮した地下アイドル「接触仕事に舞い戻り」と嘆息

アイドルになったから「接触」仕事はしなくてよくなったのに

アイドル活動に活路を見出していた

 新型コロナウイルスの濃厚接触者とは、発病した日以降に感染確定患者と同居していたり、長時間を同じ密閉空間(たとえば飛行機など)で過ごす、およそ2メートル以内で予防策なしに接触した人などのことを言う。避けられる行為を避けようという機運が高まると友に、心配されたのが地下アイドルたちの活動だ。ライブやイベントを中心に活躍することからライブアイドルとも呼ばれるアイドルたちは、その収入源の多くが、ファント実際に会ったときのグッズ販売やチェキなどに頼っている。芸能プロ所属であっても、ほとんどが歩合制で契約しているアイドルたちは、いま何をしているのか。ライターの宮添優氏が、現役地下アイドルの一人の今をリポートする。

 * * *
「接触が嫌だからこの仕事についたのに、また舞い戻っちゃった感じだよね」

 電子タバコの煙をすぼめた口から細く吐き出し、諦めたような表情で思いを吐露するのは、東京・秋葉原の現役リフレ嬢・丸山たまきさん(仮名・20代)。リフレとは、足つぼマッサージの一種であるリフレクソロジーの略で、その施術をする女性をリフレ嬢と呼んでいる。だが、丸山さんはライブハウスで歌って踊る「地下アイドル」だったはずだ。

「一応、首都圏のライブハウスとかカフェでライブやって握手会して……絶対に来てくれるお客さんは5人くらい。毎回物販で数万円使ってくれるし、その5分の1が私の取り分。固定給はないから出た分だけ。推して(応援して)くれる人たくさん欲しいから、握手とハグはかなり頑張ったね(笑)。でもそれ以上は絶対しない、そこはプライドがあった」(丸山さん)

 月の収入は、アイドル活動で月に15万円ほど。有料チャットサイト出演による収益化の目処も立ち、ファミレスのアルバイトをやめても生計が成り立ちそうだと考えていたのは今年2月。だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全てが白紙になった。

「感染しないように接触を避ける、って日常になったでしょ? でもうちらの場合は、接触でお金を稼ぐしかないよね。貧乏だったらその分多く接触しなきゃ。アイドルになるまでは、そうやって稼いでいた。でも、『地下』がつくけど、一応アイドルになって、これで接触しなくていんだって思った。本音では嫌だったから。でも、アイドルの仕事がなくなって、また接触しなきゃって」(丸山さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン