アイドルの握手会(時事通信フォト)

アイドルの握手会(イメージ、時事通信フォト)

 人間関係に疲れ、大学を辞めて途方にくれた丸山さんが、絶望の中でとにかく食べるために始めたのが「接触」を伴う仕事だった。資格や能力がなくても、接触さえしていれば金が稼げる。「女性」であることを切り売りするようなことはしたくなかったが、いずれ「接触」を卒業できる日を夢想しながら新宿のセクシーキャバクラや都内の風俗店で働いた。そして昨年末、知人の紹介で芸能プロダクションに所属。いわゆる「地下アイドル」としてデビューにこぎ着けたのだった。

「アイドルになって、やっと人並みと思ってた。でもコロナになって、リモートチャットでイベントやったりするんだけど、全然参加してくれないし、お金にもならなかったよね。結局、握手とかハグしてないとダメかーって感じ」(丸山さん)

 金銭的に追い詰められ、かつて働いていたキャバクラ店経営者のツテを辿り、秋葉原のリフレ店で働くことになった丸山さん。秋葉原には今、丸山さんと同じような理由で、キャバクラやガールズバー、リフレ店で働き始める、もしくは舞い戻った女性が少なくないという。

「リフレ店って、リフレクソロジーをする店なんだけど、添い寝とか、店によってはこっそり『裏オプション』と言われる、それ以上のサービスもやる。思いっきり違法なやつ。コロナに感染したらどうしようって気持ちもあるし、また接触系の仕事かと思うけど、リモートでアイドルやってても見向きもされないし、おかしくなりそうだった。結局こっちの方が向いてるのかもしれない。そう思うと寂しいけど」(丸山さん)

 もちろん、リフレ店のほとんどは、施術者がコスプレをしていても足つぼなどのマッサージをするだけの店だ。有資格者をそろえた真面目な店も多い。ただ、一部に、風俗営業法で禁じられているサービスを提供する店も存在する。これらの秘密サービスは新型コロナウイルスの感染拡大より前から見られたものだが、今はそれをセールスポイントにして客集めにつとめている店もあるのが実態だ。濃厚接触を避けたいと客足が遠のいたのに、特別な接触が客寄せの目玉になるとは皮肉なことだ。そして、収入を確保したい丸山さんは、危険を感じつつも、その仕事で稼いでいる。

 海外では、ウイルス感染のリスクを減らすために、富裕層が非富裕層に買い物の代行を頼むなど、極力、人との接触を避ける動きがあり実践している。ここ日本でも、ウーバーイーツなど出前サービスが盛況なのは、人が多くなりがちな店舗へ出向かず接触を避ける理由もあるだろう。買い物も、配達も、様々なサービスも、アフターコロナの世界では「接触」を伴う仕事は非富裕層が受け入れるものになりつつあるのだろうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン