• TOP
  • 芸能
  • 「ロフト」事件簿 異臭ライブでスタッフ全員「やめます」

芸能

2020.09.21 07:00  女性セブン

「ロフト」事件簿 異臭ライブでスタッフ全員「やめます」

豚の内臓を客席に投げるなど、今も伝説として語り継がれる「ザ・スターリン」のライブ

◆1976年 新宿ロフト開店

 収容人数300人を誇り「ロックといえば新宿ロフト」と称されるほど、ロックを志す人々の聖地となる。フリーペーパー「Rooftop」の発行やレーベル立ち上げなど、ロフトがライブハウスの枠を超えた存在となった時期。

 また、あの内田裕也も初登場。“ロフト・ニューウェイブ御三家”ARB、アナーキー、ザ・ルースターズが登場し、人気を博した。

 この頃よりザ・ロッカーズやザ・モッズ、シーナ&ロケッツ、暴威など、ロック色の強いバンドが活躍。ザ・スターリンやアースシェイカーなどのパンクやメタルバンドのほか、テクノといった新たなジャンルのバンドの出演が増えていった。

◆1980年 自由が丘ロフト開店

 大人が楽しめるスタイリッシュなロックバーを目指した。2018年閉店。

◆1991年 下北沢シェルター開店

 新宿ロフトに立ち退き問題が浮上した際の“避難所(シェルター)”として開店。エレファントカシマシや、若者を中心にブームとなったメロディック・パンクシーンを牽引したハイスタンダードなどが腕を磨いた。

◆1995年 ロフトプラスワン開店

 ジャンル制限なし、タブーなしのトークハウスライブ。日々想定外のハプニングが……。席亭は平野さん。

◆毎日がカオス! ロフト事件簿

【1】ギャラの代わりに飲み放題

 集客にかかわらず1バンド1万5000円を出演料として払っていたが、赤字続きで方針転換。

【2】チャージ全額バック制

 ギャラの固定制をやめ、成功報酬型のシステムを開発。本来は店の収入となるチャージ(入場料)を全額出演者に渡し、採算は飲食の売り上げで立てることにした。

【3】森田童子

「ここで歌わせてください」と西荻窪ロフトを訪れたときから突然の引退までの8年間、時代がロック全盛になっても、伝説のシンガーはロフトのステージに立ち続けた。

「50年の歴史のなかで、最も印象に残っているアーティスト」(平野さん)。2018年に逝去。

【4】伝説のタモリ「4か国語麻雀」東京初ライブ

 1975年、山下洋輔や筒井康隆、赤塚不二夫らがカンパで福岡からタモリを呼び寄せ、「4か国語麻雀」を披露したのが下北沢ロフト。山下から「タダで貸してくれと頼まれて。飲食代だけはさすがに払ってもらった」(平野さん)。

【5】パンクバンドの阿鼻叫喚

 武闘派のアナーキーは、ザ・スターリンの演奏中に客席からボトルやグラス、パイプ椅子を投げるなどやりたい放題。この暴動を契機に、店では飲み物をグラスから紙コップに変えて出すようになった。

【6】全員やめます!

 ノイズバンド・非常階段が納豆、嘔吐物、尿、ミミズなどをまき散らした過激ライブの翌日、平野さんは、異臭たちこめる新宿ロフトのスタッフ全員に呼び出され、こう告げられた。その後、非常階段は出入り禁止となった。

【7】BOOWY生意気伝説

 平野さんが知人から「元暴走族ですが、将来性のある音を出すのでどうか面倒を見てやってください」と泣きつかれたのが群馬・高崎の“暴威”。けんかや遅刻上等の不良バンドだったが、氷室京介、布袋寅泰が生み出すエッジの効いたサウンドで、すぐに人気バンドに。1982年、BOOWYに改名、1987年に解散。
(『BOOWY』の3文字目は、ストローク符号付きのO)

※女性セブン2020年9月24日

関連記事

トピックス