• TOP
  • ビジネス
  • 出前館・中村利江会長が語る、宅配需要と競合他社との差別化

ビジネス

2020.09.21 11:00  週刊ポスト

出前館・中村利江会長が語る、宅配需要と競合他社との差別化

出前館の赤いバイクや自転車を見かけることが増えた

 コロナ禍で飲食業界が苦しむ中、急拡大しているのが宅配サービスだ。Uber Eatsをはじめ、楽天の楽天デリバリー、NTTドコモのdデリバリーなどがしのぎを削る戦国時代になっている。中でも、デリバリー時代の到来を20年前から予見していたパイオニアが出前館だ。ダウンタウンの浜田雅功を起用したテレビCM効果も相まって、デリバリーウォーズでは先頭を走っている。黎明期から同社を牽引してきた中村利江会長(55)に今後を訊いた。

「女子大生コール」で起業

──このシリーズではまず、平成元年(1989年)当時を伺っています。

中村:私は1988年にリクルート(現・リクルートホールディングス)に入社しました。それ以前の大学3年生の頃からリクルートの「月刊ハウジング」という注文住宅雑誌で編集アルバイトをしていたんです。

 大学生になってすぐ、女子大生ネットワークを活かしたモーニングコールビジネスを起業したところ、その活動が朝日新聞の「天声人語」で取り上げられたんです。

 そのご縁で知り合った朝日の論説委員の方から「面白い会社がある。アルバイトしてみたら」と教えていただいたのがリクルートでした。

 就職活動では証券会社をはじめ何社か内定をいただいたんですが、リクルートの仕事の面白さや活気あふれる社風が、私にはすごく合っていた。

 ところが、編集志望だったのに配属されたのは営業部門。営業職の大変さは以前から見聞きしていましたのでちょっと憂鬱になりましたが、切り替えは早いほうなので、営業の仕事で頑張ろうと。

関連記事

トピックス